「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

肥毒の影響か?? 

ここ最近、野菜の写真をあまり載せていない。
載せたくても載せれる状況じゃないんですね、恥ずかしくって。


端境期明けの今春用の葉野菜は例年より2週間ほど遅らせて種を蒔きました。

2週間遅らせた理由は3~4月が寒かったからでなんですが、初回分蒔きより更に2週間遅らせた2発目分の頃にはそこそこ気温も上がってきてた頃だったので順調に育つかと思いきや、例年の大きさに比べると半分くらいの大きさにしか育たない。


も~あれこれ原因を考えまくりです。

種まき翌日に強雨が降ったので土が絞まり過ぎてしまったのか?
雨ふりが多い中で耕したので団粒構造を壊してしまったのか?
単に低温の天候不順による影響か?


一発目の種蒔き分ならば低温と強雨の影響も考えられるのだが、2発目の種蒔き分はどれも当てはまらない。


となると。。。。。


過去の経験の引き出しを覗いてみると、思い当たる同じ症状が一つあった。


就農初期の頃のことだが、10年以上経過の耕作放棄地を借り受けて栽培を始めた。
2年位は物凄~~く調子が良かったのだが、3年目あたりから徐々に調子が悪くなった。

葉物を蒔いても、定植してもあまり大きくならない。
虫は喰うなど色々な症状が出た。

まるで薬中明けの禁断症状のようだった。


これ、自然栽培で言うところの肥毒による症状だったんですね。


肥毒の事を今ここで書くのは面倒なので、適当に検索して読んで下さい。



で、今春の葉菜の種を蒔いた畑は借りてから3年目。
僕が借りる前は3年ほど耕作放棄されていたが、その前は化学肥料と農薬を使っていたはず。

場合によっては肥毒の症状が出てもおかしくない頃か?


肥毒に関して一般的に肥料と農薬の後遺症と言うような事が書かれている場合が多いですが、僕の経験だと10年以上耕作放棄された圃場でも出る時があるようですし、他の自然栽培農家さんからもそうした話を聞いた事があります。


これから自然栽培で就農を考えている諸君。
借りた畑は何年も耕作放棄されているから肥料も農薬も抜けているだろうと安心めされるな!

場合によっては肥毒症状が出ることも有りますよ。



追伸:
僕自身は自然栽培での就農から8年が経過し、いよいよ中堅の仲間入りかと思えるような年月を経てきましたが、新しく借りる畑と言うのは僕の経歴とは無関係に、1年目の畑はあくまで1年目の畑です。

自然栽培に耐えうる土にはならなければ、こういう事象もおこります。
特に初年度に調子が良かった畑では3年目あたりから要注意です。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment