「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑の様子12/5/25(瓜畑) 

春野菜は散々で写真を撮る気にもならないけど、こっちは一部問題はあるものの今のところほぼ予定通り生育中。


カボチャ12/5/24
カボチャ。
ツルが伸び始めてきました。

カボチャ12/5/24(畝全景)
これはカボチャの畝の全景。

今年は普通の西洋カボチャともう一種類。
昨年あるレストランでそのカボチャのスープを頂いたのだが、嫌味のないほのかな甘味が気に入って僕も作ることに。



ズッキーニFIO12/5/24①

ズッキーニFIO12/5/24②
ズッキーニ。
株自体はまだまだ小さいが雄花と雌花がつき始めた。

ズッキーニ12/5/24(畝全景)
こちらはズッキーニの畝の全景。

今年は3種類のズッキーニをやってます。
今年から新しく借り始めた畑なのでどうなるか心配でしたが、土質(粘土質)から考えるとまあまあの生育のようです。

若干うどん粉病も見かけるけるけど、まあ大丈夫でしょう。
そのうち無くなると思います。



青大きゅうり12/5/24
愛知県の伝統野菜『愛知青大きゅうり』。
名前がダサく感じるので当園では『尾張太きゅうり』と言う名前を勝手につけて昨年から販売しています。

愛知青大ではね~・・・、せっかく愛知県が伝統野菜と銘打っているのに歴史を感じられない。

それにここは尾張徳川の尾張藩でしたからね。
やっぱ尾張って名前が合うんじゃないですかね?

順調にツルが伸び始めました。

青大きゅうり12/5/24(畝全景)
こちらはキュウリの畝の全景。


写真ではズッキーニとキュウリの畝間に雑草が生えていますが、今日の午前中に除草をしましたから、今はカボチャの畝間の写真のように綺麗になっています。



去年の夏野菜は色々とトラブルが発生しました。
 (ナスの虫害大発生、カボチャと冬瓜とインゲン豆の除草タイミングの失敗による減収)

7月・8月には接近した2発の台風のおかげで散々でした。
 (8月の台風による強風で露地トマトはほぼ全滅)

今年は何事も無く無事に収穫を迎えたいものです。



そう言えば台風が発生する季節になりました。
ただいま台風2号が発生中。
 (日本への影響はなさそうです。)




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。