「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

天皇と農業 

農業ブログに書くのもなんだがと思ったが、あながち関係が無い訳ではないので書いてしまう。

ニュースでやっていたからご存じだとは思うが、皇族の三笠宮寛仁親王殿下がご薨去なされた。

多くのメディア媒体が『逝去』としていたが、親王殿下に対しては『薨去』と記すのが正しい。

『薨去』と言う言葉は恐らく耳慣れないと思うが、皇族の内の皇太子妃や親王や内親王、或いは、位階が三位(正三位・従三位)以上の者の死については、「薨去(こうきょ)」の語を用いる。


三笠宮寛仁親王殿下におかれては「ヒゲの殿下」として親しまれてきたが、近年僕が最も関心をもったのが皇位継承問題のおりに皇族として唯一ご発言をされたことだ。

男系継承維持と。


僕は一般社会では男女平等を良しと考えているが、こと皇位の継承に関しては男系継承を望んでいる。

歴史、伝統と言ったことは勿論だが、天皇家は海外の王族から高い評価を受けている点である。
それは男系で126代の血脈を保っていることだろう。
イギリスの王家も伝統は有るが、ここまでの伝統を受け継いでいるのは日本の天皇家だけであるからだろう。


その天皇家に関して僕は農業を始めてから更に関心を持った。

天皇の仕事のうちでもっとも大切な一つに祭祀を取り行われる事がある。

祭祀には大祭という最も大切な礼拝があるが、その中に『新嘗祭』と言う大祭がある。

これは一般で言う収穫祭にあたるが、天皇と言うのはそうした農業に関わる色々な祭祀をとりおこなっていただいている、神官中の神官だからだ。

それに農業において最も重要な太陽の象徴である天照大神を大切に祭られていたり、とにかく農業との関わりは僕なんか、いや全ての農業者よりウンと深いのです。


と言う事で(?…なんだかまとまりが無いがこれ以上書くと深みにハマりそうなので)、とにかく天皇家の伝統は継続して欲しいと願っている。

同じように考えていた三笠宮寛仁親王殿下のご薨去に対しては、非常に惜しい思いがあります。


スポンサーサイト

Comment

Name - しらまつ  

Title - 

【訃報】𥶡仁親王殿下薨去[桜H24/6/7]
http://www.youtube.com/watch?v=M33HTYAe8lo&feature=plcp

【今週の御皇室】𥶡仁親王殿下を偲んで[桜H24/6/7]
http://www.youtube.com/watch?v=81fccEDLMQQ
2012.06.08 Fri 05:58
Edit | Reply |  

Add your comment