「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食 育 

最近は栽培中の野菜の成長もパッとせず、収穫する野菜も乏しくなり始め、
かと言ってこの寒い季節に新しい野菜を作り出すには早すぎる。
そうなんです、要するに畑仕事の閑散期なんです。 (春よ来い♪)

 って事で畑ネタがあまり無いので、今日はタイトルにもあるように【食育】に関して書いてみようかと思います。
僕がこの【食育】と言う言葉を初めて聞いたのは約1年半前。
そう、最期に在職していた食品卸し会社が食に関するNPOを立ち上げようとしていた時でした。
その食育の理念に感銘を覚えて、本格的に土をいじるようになったのです。

 食育と言う言葉を知らない方へ簡単にお話しするとこんな感じです。

『昨今の子供達は旬の食べ物、安全な食べものも少ない。
 親とご飯を食べる機会も昔に比べずっと少ないからお箸の持ち方も知らない。
 偏った食事や添加物入りの食品や農薬にお世話になっている野菜が多いから、
昔には無かった若年性の変な病気やアトピーの子供、はたまたキレ易い
子供が多い。
これからの世紀に向けて正しい食事、愉快な食事、健康な食事、そして
各地域で産した物は各地域で消費する地産地消を促進して、食を通して
豊な人間をそして社会を大人も含め一緒に作っていきましょう』 
って事ですね。

 これ、平成17年6月10日に国会で成立した立派な【食育基本法】なる法律が有るのです。

 食品業界に身を置いているとどうしても食品の安全性は気になるもので、
この会社を辞める少し前から理想と現実にギャップを抱きだして、納得できないなら自ら作ってしまえ!と遂に辞めてしまったんです。

 今のところは収益なんてものは目茶苦茶微々たる物ですが、22世紀の将来の世界につながる事をやり始めていると言うプライドだけは有りますよ。

 ほんと早く畑が広くなって一部レストランだけじゃなく、子供達にも安心できる野菜を食べてもらいたい・・・と思う今日この頃。

《このブログ内だけでは食育に関する全ての事は書き切れないので、食育基本法のリンクしてある所を押して下さい》
スポンサーサイト

Comment

Name - maru  

Title - 

はじめまして。maruです。

食育という言葉をはじめて聞いたのは最近のことですが、すんなりとこれは確かに必要なことだなと思いました。
命の基本である食べることやそれを支える農業についてもっと真剣に考える社会にしないといけないと思ったからです。
ちょうど、先日「食育フェア」に行ってきたところです。

耕作人・Kさんのやってらっしゃることはとてもすばらしいことだと思います。これからも楽しみにしています。
2006.01.27 Fri 01:25
Edit | Reply |  

Name - 耕作人K  

Title - 

 @maruさん へ
食育やその他大きな意味で子供達の将来に関することを行う事はとっても良い事だと思いますし、とくに何かが出来なくても感心を持ってもらうことは大切ですね。

まだまだ微々たる力ですが、今まで社会にとって余り役にたっていないので、少しずつ恩返しが出来たら良いなと思い、頑張って野菜を作っていきます。

2006.01.27 Fri 19:45
Edit | Reply |  

Name - もぐ  

Title - 

コメントするのは始めましてのもぐです。
私は、成人してからアトピーになりました。
それからというもの、自然のものにこだわるようになりました。
ぜひぜひ、一部のレストランに留まらず、もぐの口に運ばれるくらいの広大な耕作人Kさんの野菜つくり期待してます!
2006.02.01 Wed 00:24
Edit | Reply |  

Name - 耕作人K  

Title - 

 @もぐさん へ
コメントいただいたの初めてでしたっけ?
大人になってからアトピーになってしまったのですか?
最終的にはそんな方々に食べていただく野菜を育てていくのが目標ですので、その時になったらご案内させていただきます。
2006.02.02 Thu 21:24
Edit | Reply |  

Name - サルネエ  

Title - 

食育。今熱い(?!)ですね!
私は昨年始めて野菜を作ってみて、野菜作りこそ食育にぴったりだと勝手に決めこんでいます^_^;
実は私は野菜がそんなに好きではないのです^_^;しかし自分で実際に作り、野菜が生長していく姿を見て、野菜というのはこの地球上の物質の力(成分)でもってできているということを実感しました。だから粗末に野菜や食べ物を扱うことは大きな罪だと思ったし、また野菜がおいしく感じられるようになりました。
野菜作りは食事ということだけでなく、”生命の営み”そして人間がその恩恵をうけて生きていられることを勉強できるすばらしいものだと思っています。
せんめいさんの野菜を通じて多くの子供達、そして大人がいろんなことを感じたり知ったりできるようになる日を楽しみにしています☆
2006.02.04 Sat 10:17
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006.02.05 Sun 21:01
Edit | Reply |  

Name - 耕作人K  

Title - 

 @サルネエさん へ
食育を広い意味で言うと食文化を育むと思っています。
野菜作りはたんにその中の一つですね。
食育の中で一番大切なのは親子で一緒に食事をとる時間かな?って思っています。
現代社会じゃ中々難しいのですが、祖父母⇒親⇒子供と色々と話をしながら文化・伝統・道徳を継承していけれる世の中を作っていく。
たぶんこれが食育基本法のもっとも大きなテーマだと思います。
2006.02.05 Sun 23:33
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。