「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンだったらどうする? 

今日のネタは今までいたほとんどの研修生に当てはまる事なんだけど、体調を崩したりすると「研修を休んでいいですか?」となる。

僕としては基本的に自分一人になってもこなせる範囲の仕事しか作っていないので休んでもらっても構わないんだけど、いつも少し酷なことを言います。


それが今日のタイトル『ピンだったらどうする?』と言う訳です。


農業に限らず己一人で起業するならば、ピン=独立後は基本的に自分が動かなければ、誰かが仕事をしてくれる訳ではない。

例えば今の時期なら秋冬野菜の育苗がある。
小さな育苗ポットの中で生きている幼苗に一日でも水遣りを怠れば、当然翌日には昇天しまうから高熱が出ようが這ってでも水をあげに行かなきゃならない。

例えば出荷日ならお客さんが待っている。
実際には一日ぐらい待って頂いてもクレームが付くことはないだろうが、それが度重なれば「おいおい!?」となり信用をなくす可能性もあるし、仮にその日うちの野菜を何かに使おうと当てにして待っていたらと思うと、滅多な事で急に今日の出荷を休ませてほしいとは言えない。


何が言いたいかというと、研修だから何かあれば休めると思うのではなく、常日頃から自分がピンとして独立したときの事を意識して研修に来て欲しいということなんです。

農業技術を学ぶことも大切だけど、こうした仕事に対する姿勢を特に学んで欲しいと思っているのです。


ちなみに僕も出荷を休んでお客さんに迷惑をかけたことはあります。

しかしその理由は台風が来て畑に入れなかったのと、大雨で畑に入れないと言う理由で休んだことはありますが、自身の体調が悪いから出荷を休んだことは一度もありません。

頭がフラつきながら出荷&配達を終えて、帰宅後熱を計ったら39.8分の高熱だった時もありますから。



第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.08.14 Tue 14:01
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。