「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑の様子ポロネギ編12/11/21 

出荷日や雨降りなんかも有って、ダラダラと玉ねぎの定植作業が続いています。
ようやく半分が終わったと言うところでしょうか?
 (しかし今年の11月は雨多いっすね~。)


玉ねぎと同じユリ科のお野菜。

イタリアだけじゃなく、ヨーロッパの多くの地域で食されているポロネギ。
今年は育苗時の調子は良くなかったのですが、定植後は例年通りに育ってくれてます。

ちょっと時期的には遅かったけど、最後の土寄せ作業が完了。
ポロネギ12/11/21①

夕方、西日が差す中での写真でちょっとピンボケ気味のような写真になっちゃいました。
ネギの上部が長すぎて分かりづらいですが、実はこの畝の高さは35~40cmほどまで揚げています。

そこから葉の長さを考えると1m近く伸びてるんじゃなかろうか?

今日の揚土作業後の経過でどこまで軟白部分ができるかわかりませんが、少なくても30cm程度は軟白部が出来上がると思います。


パ~っと見回した中で一番太いやつ。
(この写真も西日が~~~
ポロネギ12/11/21②
明治キシリッシュの容器の直径と見比べると、3.5cm程度はあるんじゃないかと。
 (最近ロッテのクロレッツは買わんのよ。 韓国メーカーだから。)

こんだけ太いともう出荷してくれても良いだろうと思うお客さんもいるかもしれませんが、まだまだ出荷しません。
もう少し太くなって、もっと寒くなり糖度が上がってからじゃないと

と言いますか、これだけ太いのは2本程度であとのはまだ2~3cm位のヤツばっかりなんですよ。


最初にも書いたとおり今年は育苗をシクって予定数より少なかったうえ、定植後の最初の土寄せで土がかかりすぎて行方不明になってしまったネギも多く、去年よりたくさん植えはしたけど、結局去年と同じ位の出来数かよ~、と言った出来具合です。


それでも例年並みに育っているネギを見ると一安心。
出荷は年明け頃からです。



第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。