「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理の原点 

他の方のブログで食べ物の思い出を書いていたのを見ていたら、僕の小さい頃のことを思い出したのでちょっと書いてみようと思います。

僕のブログをずっと見ている方は知っていると思いますが、男にしてはそこそこ料理が出来る方だと思っています。

そんな僕の料理の原点は・・・・・

まずはお婆ちゃん編から

小学生の4年生位から学校が終わると塾に行くようになったのですが、夕ご飯までにお腹がすくので、いつの間にかインスタントラーメンの【出前一丁】を作るようになりました。

最初は何も入れずに作っていたのですが、その内ネギや卵を入れるようになりました。
そんなある日ネギを切っていた僕を祖母が見て、「まぁアンタは賢いね~。自分でネギ切っとりゃ~すのか?(名古屋弁ね)」と誉めてくれました。
そこからいい気になってよく包丁を握るようになったと思います。
豚もおだてりゃ木に登るって奴ですね・・・単純です。

次に姉貴編です。

僕には2歳年上の姉が居るのですが、高校を卒業する頃に自動車免許を取り、暇つぶしにドライブによくつき合わされました。
その頃姉貴は美味しい物巡りにはまっていて、ある日始めて本格インドカレーのお店に連れて行かれ「OH!!世の中にこんなに旨いカレーがあるのか!!」と衝撃を受けたのを今でも思い出します。
この頃から本当に美味しいと思える食べ物に興味を持つようになりました。

そして最後に自分編

高校生になってから初めてアルバイトをしたのが喫茶店でした。
最初はウエイターをしていたのですが、まかないを自分で作ってみろとマスターが言うので冷凍のピラフを作ったのですが、初めて振るフライパンは案の定ボロボロとこぼれまくりましたが、パートのおばちゃんが「美味しいよ!」と
誉めてくれたので、またまた豚もおだてりゃ木に登るって奴ですね。
それからは日替わりのランチなんかも作らせてもらえる様になって、少しずつ料理が出来るようになっていきました。

そして社会人になって初めて入った会社は旅行関係の会社だったのですが、添乗に行くと各地で美味しい物をタダで食べられ、この時にかなり味覚を鍛えられたと思います。
その後転職して食品業界に携わるようになり、会社が休みの日には押しがけでイタリア料理店に本格的な料理の勉強に行き、いま位の料理の腕にいたるって訳です。

人間あれはやっちゃダメ、それはやっちゃダメって言われるのは良くないですね。
特に子供の頃は誉めて何かを良いところを伸ばしてあげないと。

今でもお客さんの所へ野菜を持って行き「美味しかった!」といって誉めてもらうと、もっとこのお客さんの為に良い野菜を作ろうと思ってしまうので、子供の頃からの単純さは変わっていないようです

そして最期に今は亡きお婆ちゃん有り難う。。。
スポンサーサイト

Comment

Name - yoyo  

Title - 

ふむふむ。お婆ちゃんあっての耕作人Kさんか。
やはりなんにつけても先祖には感謝せねば。。。

私人をほめるのがイマイチ苦手なんです。
照れくさくっててのもあるし、本当にほめたいものじゃないのに社交辞令でほめてるのを見るとムカつくし。
でも私も子供の頃ほめられてから(木に登って)料理をするようになったのだと思うし、今後がんばってほめていようと思います。

あれはダメこれはダメは大人になってもイヤですねー。
ダメなのは人を不快にするマナー違反くらいなもんです。それだって海外行ったら常識違うし。
2006.02.08 Wed 14:26
Edit | Reply |  

Name - 耕作人K  

Title - 

 @yoyoさん へ
誉めるの苦手なんですか?
無理に誉めること無いですよ。
でも良いことしたした人には誉めてあげましょう!
2006.02.08 Wed 21:15
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。