「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

基本に忠実に 

研修生からよく土作りのことを聞かれます。
まぁ~当然ですよね。
自然栽培に限らず、どの農法でも土作りが大切なんだと言われている事柄ですし。


実は最近、土作りに関してはすごくシンプルに考えています。

どの農業書にも書いてある、団粒構造を目指せば良いんじゃない?という事です。

だからその団粒構造を作るにはどうしたら良いの?と突っ込まれそうですが、これも農業書に書いてあります。
団粒構造を目指すには、固相:液相:気相の三相のバランスを大切にすると良いとどの農業書にも書いてあり、たったこれだけです。


たったこれだけの事なんですが、自然栽培による就農を目指す人はすごく難しく考える人がどうも多いと思います。

ま、昔は僕もその一人だったんですが、なんでそんなに小難しく考えるかと言えば、実践する前からいろんな事を勉強しすぎて、たぶん情報量が多すぎるんでしょう。


代表的な例で言えば、やれ麦を蒔けだの、やれ最初に大豆を植えろだ、やれ雑草を圃場外へ持ち出せだのと。
有機栽培の場合だと一反につき堆肥をどれくらい入れろとか、何たらの土壌改良資材が良いとかね。


僕、麦を蒔いた事もないし、大豆を作ったこともないし、雑草も持ち出したことないし、堆肥や土壌改良資材も使ったことないです。
それでもある程度の出荷は出来てますし、プロの料理人からも美味しいと言われています。


今僕の頭の中にある土作りの考え方は基本に忠実に!
そして少しでも多くの種類の土に触れ!
10年近く自然栽培農家としていろいろ試行錯誤してきた答えです。




第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment