「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸行無常だから常に考える 

今日とある研修生に、「もう自分の農法というのは確立されていますか?」と言われましたが、おそらく永遠に確立されることはないでしょう。

新しい発見が有るかもしれない、新しい技術が生まれるかもしれない、新しい農機具ができるかもしれない、毎年、毎日天候は違うし土の状態や野菜の状態が違うし、常に何かを感じたり考えたりしながら、土と野菜と戯れるのだから。


たとえば育苗方法一つをとっても育苗土の配合を変えてみたりしてるし、育苗をする環境を変えたりするし、定植方法も一部今年は変える予定だったり、おそらく1~3期生を教えていた頃とガラッと変えていることもあります。

それどころか今の4期生に教えていた夏野菜、秋冬野菜の事でさえも今年は変えることが沢山ある。

来年にはまた変えるかもしれない。


常にあれこれ新しい試みを考え続けているわけです。

fbやり始めたのもその一つですね。
fb内には今まで知らなかった多くの素晴らしい農家や農業関連の人たちが沢山います。

そういうのを見たり読んだりすることで自分に置き換えて試してみたりね。


もちろん実際の栽培過程、販売過程でも新しい発見というのは沢山ある。

「のほほん」ってしていては世の中に追いつかれ追い越されてしまう。

いやいや「自分は自分のペースでやるから、世の中なんて関係ない。」と思っている人もいるかも知れないけど、経済社会の中で生きている以上、進化がない限りいつか忘れ去られてしまうでしょう。

スギちゃんだって新ネタ考えてるしね。
 (どれも今一つだけど。。。)


世の中これが絶対だ!なんてのはありえない。
追いつき追い越されの競争は終わりの当てがなく疲れるし厄介な代物だけど、諸行無常それが世の中の常です。




第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。