「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

己こそ己の寄る辺 

有機栽培を目指している人にはほとんど聞かれたことないけど、自然栽培目指している就農希望者に必ずと言って良いほど聞かれる事があります。

「自家採種してますか? 固定種ですか?」

もう某種苗販売店の受け売りそのまんまですね。


固定種じゃないと自然栽培できないのか? F1種でも問題ないのか?
固定種は美味しくて、F1種は不味いのか?・・・などなど。

そんな事は自分自身で試して、自分自身で答えを見つければ良い


かりにF1種で育たなかっても、種に問題があるんじゃなくて、自身の栽培管理や土壌に問題があったのかもしれない。
かりに固定種で育たなかったら、種は良いのに自身の栽培管理や土壌に問題があったのかもしれない。


何が言いたいかというと、情報を鵜呑みにするな!って事を言いたいんです。


だいたい畑が変われば土壌環境その他が違うわけだから、全てがよそ様と同じ条件ではない。
それなのに何も試さず受け売りを信じて良いのか?
それだけが答えだと思い込んでいないか?


遠回りの様だがやはり自身が試行錯誤しまくった過程が、己の自信を深めていくんじゃなかろうか?


『己こそ己の寄る辺』
他人の言動に惑わされず、生きてゆきなさい・・みたいな意味で、少林寺拳法の教えの中に出てくる言葉です。
少林寺拳法を習っていたわけではないですけど、この言葉好きですね~。




第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。