「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな戦力となるか!? 

さてもうすぐ端境期。
3月~4月はほとんど出荷物がありません。
この端境期があるから夏野菜の仕込ができるんですけどね。


さてさてその端境期があけるのがGW過ぎあたりから。
しかし例年、その端境期明けでもうちの出荷品目数は少ない。

そら豆など初夏の豆類か、せいぜいルッコラとか短期で栽培できる野菜を出荷して何とか品目数量を確保してるんだけど、それでも華やかさにかけるし、豆類の出荷が終わるとまたまた品目数が少なくなったりでアタフタしてる始末。


その時期にブロッコリーや蕪、大根やほうれん草、小松菜を出荷するという手もあるんだけど、うちではその時期にいわゆる冬野菜と言われるような野菜を栽培する気はまったく無い。

だって・・・不味いんだもん。
季節なりの味は出てくるんだけど、やっぱり旬の冬場のような味を求めるのは無理があるし、栄養価も低い。
それならいっそうの事作らんほうがイイ!って判断です。


とは言っても例年通りにしていてはまたアタフタしなきゃいかん。
これは何としても避けねばと考えあぐねたのが、今年から挑戦し始めるハーブ系の葉野菜。

ハーブというとバジルやタイム、ローズマリーなんかが有名だけど、これらのハーブのように香り付けというか香りを生かすハーブじゃなくて、食べる事が主体のハーブ系葉野菜を栽培予定。

しかしハーブ系というだけあって味や香りにも特徴があるし、可愛らしいからお皿の上の彩としてもピッタリ!


難点があるとすればただ一つ。
小さいものが多いから収穫にめちゃくちゃ手間が掛かりそう
だからたくさんは作らないです、いや作れないです



第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。