「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリットを書けば良い!(じゃん?) 

最近見ている農業にまつわるブログで、化学肥料や化学農薬を使っている事が極悪人かのように思われているのが悔しいと書いてあるブログに出会った。

農家の方ではなく、農業にまつわる仕事をしている人が書いている。

その方は慣行農法、有機農業など両方に理解は示しているのだけど、読んでいる限りは慣行農法の肩を持つような文章が多い。

ま、どちらの肩を持とうが構わないのだけど、その方へのコメントなどには当然慣行農法をなされている農家さんからその管理人に対し応援というか同感のコメントが寄せられるわけだ。

そのコメントを追いその農家さんのブログなりを読んでも、「うちの農園ではこれくらいの量の農薬を使ってます。」なんて事なんかは当然書いていない。


常々思うのだけど「残留農薬は基準値が設定してあるから大丈夫ですよ、安全ですよ。」と言うのは農家側の言い分なんだと思う。

有機や自然栽培のいわゆる無農薬農法がなぜ安全を求める消費者から支持されるのか?
農薬が使ってない=安全により近い、環境により良いと言うメリットがあるから支持されるのではなかろうか?


もし化学肥料・化学農薬を使うことで極悪人にされるのが嫌なら、肥料・農薬を使うとどういうメリットが消費者にあるのか訴えれば良い。

もちろん安定供給が可能になり生産量(売上)が増えるとかは農業者のメリットであって、そんな物は消費者の食の安全とは無関係だ。
それでは有機栽培と対抗できない。
 (安定供給は食料の豊かさという点では消費者のメリット。)



農薬を使うことでの安全性の向上と、安心感の向上など具体的なメリットを消費者に分かりやすく説明できなければ、いつまでたっても極悪人扱いは治らないだろう。

無農薬が消費者から共感を得られたのは消費者にメリットがあると感じてもらえたからだ。


消費者から共感を得たいなら、消費者に農薬の素晴らしさをどんどん書いて広報すれば良い。

その上でもし安全上、安心上のメリットが消費者にあれば支持されると思うけど?



第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Name - ダニーロ  

Title - 

実際に使用している身からすると極悪人扱いされているとまではおもいませんが、安定供給ができる、生産量が増えるというのは消費者の食の安全やメリットにはなりえないのでしょうか?
消費者においてもいろいろな嗜好が存在するのは当然ですが、自然?農法、有機だけではどれほどの人の胃袋を満たすことができるのでしょうか
2013.02.20 Wed 22:19
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - ダニーロさん

ちなみに最初に書いておきすけど、僕は極悪人とは思っていません。

本文中に括弧書きで書きましたが、安定供給できるメリットがあることは認めています。
ただ個人的にどうしても分からないのは、農薬を使うことで消費者の健康向上にどう繋がるかが見えないんです。

その他の生活環境要因の改善もあるとは思うのですが、無農薬野菜を食べ続けたら健康になったという声は聞きますが、農薬を使用した野菜を食べ続けたら無農薬のときより健康になったと言う声を聞いたことがありません。
もし健康向上に繋がった具体的な事例がありましたら、是非お教えください。

消費者は国が定めた残留基準値がどうであろうと、健康を損ねるかもしれない可能性があるものを出来るだけ避けたいと言う、自己防衛の意識が働いているだと感じています。

ダニーロさんがもしブログやその他インターネットツールでご自身の活動を紹介されているのでしたら、あわせてご紹介ください。
色々と参照させていただきます。

>自然?農法、有機だけではどれほどの人の胃袋を満たすことができるのでしょうか
これも慣行農法をされている人からよく聞きますが、日本で破棄されている年間食料はアフリカで餓鬼状態にある人を救えると聞いたことがあります。
農産物だけの問題では無いと思いますけど、食生活の改善を志すのも良いことかと思いますし、現行の市場流通規格を見直すことによって出荷ロスを少なくすれば状況も変わるんじゃないかと淡い期待を抱いています。

返信内容、ご納得は行かないと思いますけど、こうした疑問もあるんだ程度に感じていただければ幸いです。
2013.02.21 Thu 00:50
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 

ご丁寧にご返信ありがとうございます。
別に農薬使用したからといって消費者の健康向上にはつながるはずがないとおもいますし、そもそもそのような目的で開発していませんので。

ごめんなさい、私はブログ、フェイスブック等まったくやってないしがない一農家ですのでご了承ください

2013.02.21 Thu 19:47
Edit | Reply |  

Name - トマト農家  

Title - 

健康向上に繋がった具体的な事例は、
野菜を食べないことよりも、食べることの方が良いということかと思います。
自然農法では、全ての人に十分な量の野菜を食べさせることは出来ないように思いますので。
2013.02.21 Thu 20:52
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - トマト農家さん

> 野菜を食べないことよりも、食べることの方が良いということかと思います。
確かにその通りですけど、それ以外には残念ながら無いのですね。
だから農薬を避けたいと考える消費者は、どうせ食べるなら無農薬に流れてしまうと言うことかと。

> 自然農法では、全ての人に十分な量の野菜を食べさせることは出来ないように思いますので。
ゴメンなさい。
このテーマで感じている事は、また別の機会にでも書いてみます。




2013.02.22 Fri 00:46
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。