「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生食用そら豆に思う 

ファーベだけが生食ソラマメではない!!!

ま、最近流行りなのか「ファーベ栽培してる?」とよく聞かれます。
別に栽培しないわけではないけど、とりあえず今年は栽培してません。
(ど~でも良い裏話を書けば、ファーべの種を買うのを忘れてしまっただけ。)

ファーべというのはイタリア語で「そら豆」という意味なのだが、どうも生食用の品種として定着してしまった感があるが、実は日本のいわゆる一寸ソラマメも生で食べることができる。

逆にファーべでも生で食べるに適さない時がある。

そら豆が生で食べられる条件というのは、ファーべであろうが一寸ソラマメであろうが、完熟する前の若採りした時に収穫したものが食べられるのであって、どちらも完熟してしまえばジューシー感が無くなり、火入れしなければ生なんて不味くて食べられたものじゃない。

ちなみ生食した場合どちらが美味しいかというと、ファーべもファーべなりの良さがあるが、総合的に一寸ソラマメを生食したほうが断然美味しい!と僕は思っている。


ps:
初回の今週だけでそら豆を30kgくらい出荷したけど、出荷時にアブラムシが腕に落ちる落ちる



第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Name - トマト農家  

Title - 同感です

私も一寸ソラマメとファーベを同時に作って生食してみたことが
ありますが、あぐりーもさんとまったく同感でしたよ
2013.05.18 Sat 23:04
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - トマト農家 さん

ですよね!
2013.05.19 Sun 13:10
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。