「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔らかくなるかな? 

毎年毎年、梅雨期以降のうちのナスは皮が硬いというか分厚い。

定植後ほぼ放任と言う自然に近い環境で育てているので、雨が降らなきゃ体内の水分を保持しようと、ナス自身が表皮を分厚くして自分を守っているのだろう。
特にここ大府市では夏場に3週間雨なしなんてのはザラだし、湿気ムンムンで35℃オーバーなんてのは当たり前の愛知県内でも1~2を争う過酷な地だし。

そもそも焼きナスという皮を剥いでしまう調理法が日本で発達したのは、この梅雨期以降の皮の分厚いナスをどうにか美味しく食べてやろうという、先人料理人たちの賢い発想から生まれた調理方法なんだと想像している。
だからうちのように分厚い皮のナスで焼きナスを調理すると、綺麗に皮が剥がせて実はしっかりそのまま。

しかし時代は変わり灌漑設備が整った現代では夏の炎天下でもガンガン冠水して、ナスに水分を与え続けて皮を薄く軟かく栽培することが可能になった。
この今風の栽培方法のナスで焼きナスを作ると、皮は剥ぎづらいし実はすぐにブヨブヨになってしまう。

去年までは皮が硬いのはより自然に近い形で栽培しているからなんだとお客さんに説明してきたが、やはりと言うか、今風のナスに慣れている皆さんから、ナスの皮が硬いので何とかならない?と言うお声をよく聞くようになってきたので、ココはこちらの都合ばかり言ってられないと、今年は定期的に散水する方向でエンジンポンプや散水ホースの準備している。

ちなみに気象庁発表の今年の梅雨明け以降の夏は少雨の予報です。
エンジンポンプがフル稼働の予感 (@_@;)



第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。