「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おこられちゃうかな?(*^_^*) 

ちょ~~~いと、いやいやかなり躊躇しちゃう話ですけど、書いちゃいましょう

ただ予め断っておきますが、全てがそうだと言う話ではないです。


ちょっとお高めのスーパーや会員制の宅配会社、自然食のお店などのお野菜、けっこうイイ値段してること多いですよね。

多分ほとんどの消費者が、もし有機や自然栽培の野菜が普通の野菜と同じくらいの値段なら、そっちの方に手が伸びちゃうんじゃないかな?


それら小売店が有機や自然栽培農家の農産物を、農家から高く買ってあげてるから仕方がないじゃないとおもってませんか?


実はそうでも無いことが度々あります。

某有名宅配会社への自然栽培農家の卸値は、普通の慣行農法の野菜の相場と大して差がない場合がほとんどです。

たとえば東京の大田市場の大根1本の相場が100円だったとしましょう。

市場に流れてくる野菜なのでほとんどが慣行農法の野菜ですが、実はその有名宅配会社の農家からの買い取り価格も相場と同じくらいの100円、もしくはちょっと色が付いてるくらいの買い取り価格なんだそうです。


じゃあどうして有機や自然栽培の野菜の最終小売価格が、慣行農法の野菜の販売価格より高くなっているか?

皆さんおわかりですね?
中間利益が普通より高く発生してるためです。

ま、会社ごとにこれだけの利益はとらないと運営していけないから高利益をとっているのでしょうが、中には有機だ自然栽培だと言えば高く売れると算段しての会社も中にはあるでしょう。

こうしたカラクリで有機や自然栽培の野菜が高くなっていることは往々にあります。

どちらかと言うと個人の自然食品店の方がもう少し良心的な中間利益を設定してると思います。

さらに言えば、農家のHPとかから直接買ってあげた方が農家にとっては有難いハズですし、仮にHP内でも自然食品店などと同等の価格で販売されていたとしても、お客さんにとって鮮度という意味ではプラスになるのは間違いないです。



第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。