「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耕作人のだから 

BT剤(天敵微生物由来の資材)を一部野菜に使用するということに、元研修生から電話がかかってきた。

残念だと。

ま、こう言うのは有って当然の一般的な感覚でしょうね。


さて、僕が取引している、実際に野菜を使うお客さんからの感覚からするともう少し違うようです。
優先順位順に書いていくと
耕作人が作ってるから
美味しいから
安全だから  で、
僕から野菜を買う主な理由はこんな感じらしいです。

で、僕の今後の方向性は、お客さんとのやり取りも含めて、もはや自然栽培の縛りをゆるくして、安全性を僕なりに確認できて栽培上有効であると思われるものは、どんどん使っていこうと思ってる次第。

そんでもって安定出荷量を増やしていきたいんですね。
それがお客さんとの意向にも沿うことにつながるのだから。


ま~、これだけじゃなくて考えざるを得ない状況が僕自身の栽培技術・環境云々以外にも、もはや日本全国をみるといろいろな状況変化が起こっているということ。

その中でいろいろと雁字搦めになると、世の中に置いていかれてしまうという危機感が沸々と有るわけです。



色々と使うといっても化学肥料や化学農薬を使うのではないし、BT剤に関してもキチンと勉強してもらえばわかるのだけど、蛾などの幼虫が食べるとしんでしまう、元々枯れ草などについている天然の菌糸類から抽出培養したもので、殺虫効果があるのはそれら幼虫に対してだけ。

人間はもちろん、蝶々や蛾の幼虫以外の虫にも効かない微生物資材なんですね。

色々と勉強したけど人間には無害と断言しても良いと思ってる。


ま、それでも言葉の定義上「自然栽培」と言えないというなら、そんな言葉はさっさと捨てますわ。
有機栽培か無肥料栽培に変えても良いよ。
 (BT剤使用は有機JAS法で認定されている。)

ちなみに木村さんが使っている「酢」も法律上はBT剤と同じく農薬に指定されています。
 (酢は有機JAS法では認定されていない。)

木村さんのような御大がそれでも自然栽培と言ってるんだから、僕のような小者が自然栽培と言っても罰は当たらんでしょ。
(ちと強引か?・・・


PS:
BT剤などを使わなくても栽培できる自然環境の地で農業をしているなら、別に使わなくても良いとはおもってるから、使いたくない人、使わなくても良い環境にある人は、そのままでどうぞ。
わたしゃ10年近くやって一部野菜に関しては無理と感じただけですし、BT剤がいらないと判断している野菜には使わないし。


第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。