FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

無いものネダリしても、ね 

昨日は午後から突然「農園サユールイトシロ」の園主さんが来訪しました。

種まき後の散水作業で忙しかったのですが、わざわざの来訪だったので快く世間話に花をさかせました(笑)


そんな世間話のなかでサユールイトシロさんの畑(元々は田んぼ)は播種後に散水しなくても、土壌水分が多いらしく数日後には発芽に至るそうです。

うちなんか播種後に散水しなければ、ほぼ発芽に至りませんから、その作業量が無いだけでも羨ましい限りです。

また土壌水分が多いので夏場のナス栽培なんかでも、灌水作業しなくてもテッカテカの黒光りしたナスが採れるそうです。
うちの畑なんか、梅雨後は潅水しないと必ずボケ&石ナスになりますと言うか、潅水作業してもボケ&石ナスになりがちですから、その作業量の差も羨ましいですね。

もちろん愛知県の平地の大府市と、岐阜の山奥の石徹白との気候環境など全てが違うのもありますけど。


でも逆に冬は雪に埋もれて農業できないとか、土壌水分が多い分、加湿になりやすいと言うマイナス面もあったりで、どっちが良いとかは一概には言えない面があります。


研修生や新規就農相談の人なんかにどんな畑を借りるのが理想なのかって聞かれることがありますが、理想を言えば排水性&保水性がよくて、粘土質ではなく砂壌土(もしくは壌土)のような扱いやすい畑で、灌漑設備がある畑が一番良いのでしょうけど、実際に借りれる畑が全ての理想に合致するなんてのはまず少ないでしょう。

耕作放棄されている畑は何らかのマイナス面があって放棄されている事がほとんでしょう。
うちの地区でも優良農地というのは、大体が現役で放棄されているなんてのは殆どないですから。


畑の土質環境や農業機械でもそうですけど、自分のおかれた現状でのベストを目指すしかないんです。
無い物ねだりしても仕方ないですから。

そしてお金に余裕があれば機械類を一気に集めるのも有りですけど、お金に余裕がなければ少しずつ買い揃えるしかないです。
そしてココぞと言う時には借金してでも買い揃える勇気も



ちなみに来年うちが揃えたいのは、ビニールハウスをもう一棟、レインガン&送水ホース。
お金に余裕があれば畝トリマー

そして5年後を見越して、さらに新しい畑も。。。


備考:
レインガンは本体の他に台車が必要です。




第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト



Comment

Name - サユール  

Title - 

いや~、ホントに突然の襲来を快く迎えていただきありがとうございました!しかも長々居座っちゃって・・・。
でも、たまには他のところの現場を見るものです。その違いも含めていろいろ勉強になりました。

耕作放棄地の件でいうと、大府の様に農業の盛んなところは良い農地を確保するのが大変でしょうね。石徹白のようなところはそもそも農業者が少ないのでそのあたりはまた事情が違ったりします。

全てにおいてその土地土地で違うのが農業の難しさであったり面白さであったりしますね。
2013.10.07 Mon 22:14
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - サユールさん

実はお互いのヨ●さんの愚痴りあいが一番面白かったりで。
どこの家庭も同じだな…とv-392
2013.10.07 Mon 23:02
Edit | Reply |  

Add your comment