「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パースニップの発芽を考察する 

パースニップと言う野菜があります。
画像は ⇒ コチラ

よく「白ニンジン」と紹介されることがありますが、発芽時の二葉の姿形が全く違いますし、
パースニップ13/10/7(発芽)
その後の葉の姿形もニンジンと全く異なり、どちらかと言うとイタリアンパセリの葉っぱの形に似ています。

だから僕は白ニンジンって言うより、『ルート(根)パセリ』と言った方がシックリくるような気がします。



で、このパースニップと言う野菜は発芽までドえりゃ~時間がかかります。

種袋には1カ月水を切らさずとか、他の栽培経験者のブログとかを読んでも一晩水につけてから3週間とか。
ニンジンなら5日もあれば発芽しますが、コイツはとにかく時間がかかります。

去年も播種しましたが説明書きも読まずにニンジン感覚で播種して、散水作業もせいぜい1週間で終わらせてしまい、発芽不良で撃沈。


今年は一晩水に漬けたもの、漬けなかったものの両方を播種して、苦節3週間ほとんど毎日水やりしました。

結果、本日現在水に漬けたもの0個
水に漬けなかったもの多数(と言っても発芽率からすれば40%位)発芽になってます。

水に漬けた物は残暑の厳しさで、土の中で腐っちゃったんでしょうかね?


とりあえずどの状態にしてあげれば発芽しやすいか分かったんで、来年からはもうちょっと収穫できるでしょう。





第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。