「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう少しで賞 

先日一仕事終えた研修生との雑談の中で農業の時給の事に話が行きました。
どうしてそうなったか経緯はよく覚えていません、とにかくそう言う話になったので、久々に自分の時給を計算してみました。

売り上げで言うとおおよそ1800円で、純利益で言うとおおよそ1200円でした。

ま、ちょっと少ないです。
タイトル通りもう少しでしょう。


時給の計算方法にもよると思いますが、僕の場合圧倒的に休日が少ないんです。
その代わりに1日当たりの実働労働時間はすくないんですけど、畑にいる拘束時間は長いですね。

細かいことは書きませんがこんなとこでした。



でも時給だけで言うとサラリーマンしてた頃よりは良いんですよ。
サラリーマン時代は営業職でしたから、営業手当があるだけで残業代なんて付かなかったし。

朝8時45分までに出社して、ほとんど毎日夜9時くらいは会社に居ましたし、凄いときだと夜中の2時ころまで一人でデスクワークをしてたなんて事もありましたからね。
あ、別に今でいうところのブラック企業じゃないですよ。
早く帰れるときは帰ってたし、2時まで仕事してたのも自ら進んで企画に頭を悩ませていたとかでしたから。

でも営業から帰って事務ワークをしてると、だいたいは夜9時くらいまでは普通にかかっちゃうので、この当時も給料を時給換算したら確か1000円切ってたはずです。

こと時給だけでいえば、バイトしてた方がまだマシじゃんと思っていたのをよく覚えてますから。



今は朝は早いけど、出荷日以外は日が沈むころには家についてますし、時間の拘束と言う意味での精神的余裕はサラリーマン時代の比ではないくらい良いです。

ただし、サボっていても給料入って生活できていたサラリーマンと違い、サボっていれば売り上げが立たたず生活が成り立たない今の仕事の精神的危機感は、サラリーマン時代の比ではないですけどね。


あ~、そろそろ来夏の種代がぁ~とか、経費も気になるし(笑)


PS:
ちなみに今週の売り上げだけに限って時給計算すると、2000円超えます


第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。