FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

団塊の世代と農業 

来年度あたりから団塊の世代と言われる方々の退職者が増えてくるみたいです。

我が愛知県のとある市ではそんな方々を農業の新たな労働力として積極的に研修に受け入れ、しかも2年後にはプロ農家としてデビューさせ土地も斡旋してくれるみたいな事をニュースでやっていました。

空いている耕作地を探して四苦八苦している僕にはなんとも羨ましい話です。

その市の研修で教えているのは慣行農法でしょうから、その辺りは気にしていないのですが、一つ気になったことがありました。

出来上がった野菜は研修の一貫として近くの直売所で売るらしいのですがそこでの会話に「おいおい!なんてことして売ってんだ!!」と思えてしまう場面がありました。

以下、ほぼその会話のまま
研修生   「野菜安いよー どうぞ買っていってー!」

TV記者  「ずいぶん安いんですね?」

研修生   「はい、安いでしょ?  あっちの人の方が安かったから
       こっちも安くしちゃったよー!」
    (嬉しそうに・・・)

ここで僕が言いたいのは安易に安売りしなくてもって事です。
それは自分の芸術品(野菜)の価値を低くしているのと一緒です。

研修生さんたちは言ってみればリタイヤした後、無理に稼がなくても面白おかしく土に触れながら適度に稼げればいいのでしょうが、まだまだ若い次世代の農業人から見たらマジで安易な安売りはして欲しく無いです!

相場も無視した安易な安売りは、ただでさえ苦しい経営状況で頑張っていかなければいけない若手農家の経営を圧迫しかねません。

お客さんの事を考えて僕もある程度は安めの価格設定をしているつもりですが、
それでもこれ以上は無理っていう線も作っているつもりです。
そうしないとレストランへの卸し売りとは言え、他の方の野菜の価値まで下げてしまう可能性もあるからです。

今回は人生の先輩とは言えマジで怒れてきてしまったので、少しきつめの言葉遣いになったかもしれません。
スポンサーサイト



Comment

Name - HOLIZON  

Title - 

http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/で記事が紹介されていたので、見に来ちゃいました。(^^)また見にきまーす。
2006.02.22 Wed 00:30
Edit | Reply |  

Name - 春日井自然農園 横島  

Title - 

耕作人さん

それどこの市ですか?
羨ましい。。。
でも慣行農法の研修受けてもなぁ。
まぁ、自然農法実践者としては「こうやっちゃいけない」参考にはなるんだけど。

その新規就農者は分かってないですね。
そもそも何の為に自分がそれを栽培し、販売するのか。
その大事な部分が欠損してるからそんな販売手法になるんでしょうね。
「業」として成立させる為にやっている者にしたら、オイオイって言いたくなりますね。
と言うより、そもそも自分の作っている物にプライドや誇りが無いかも知れませんね。
ちょっと過激かな、この表現は。
僕らは少なくともそういう波には飲まれないように頑張りましょう!

2006.02.22 Wed 09:46
Edit | Reply |  

Name - 耕作人K  

Title - 

 @横島さん へ
車で有名な町です。

それにしても金持ってるリタイヤ組みは羨ましいことで・・・・(僻み根性丸出し!?)
2006.02.22 Wed 21:42
Edit | Reply |  

Name - 春日井自然農園 横島  

Title - 

あそこですか!

そうだそうだ~!
金持ってるやつらには自然農法ができるか~!
って、ちょっと誤解与えるかな。。。。

でも僻み根性全開!ってことで(笑)
2006.02.23 Thu 09:51
Edit | Reply |  

Name - 大村妻  

Title - 

はじめまして。我が家も(夫が)新規就農です。自然農法ではないのですが…梨とお米を作っています。
記事に同感です!!遊び半分ならやめてくれ~って叫びたい!…でも、何も考えずに安値をつけたりしている限り、オジサマ方の将来はないと思います(結局フェイドアウトしちゃうのでは?)。自信を持って提供できる作物を作り、それに見合った価格をつけていきたいものですね。
スーパーに行って、いつもより値の張るお野菜(大雪などの影響による)を見て、ついつい「高い…」と敬遠しそうになると、夫はすかさず「高くない!これを作った農家の手取りは価格の1の位だけしか入んないんだから」と言います。そ、そうなんだけど…。農家の実情を知りながらも家計を考える主婦の身、頭の中でいろんな思いが交錯して葛藤するのもまた事実です~
2006.02.23 Thu 20:21
Edit | Reply |  

Name - 耕作人K  

Title - 

 @大村妻さん へ
初めまして。
そちらのHPも見ましたよ(旦那さんなかなか男前じゃないですか!)

主婦の感覚が出ていますね。
僕もお客さんの立場になっちゃうと余り値段高く出来ないんです(お店の原価率とわかっちゃうので)

とりあえずはおじさんに達に負けないよう頑張りましょう。
2006.02.23 Thu 23:51
Edit | Reply |  

Add your comment