「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惑わされない、焦らない 

今年の夏野菜の栽培管理上で心がけようと思ってる事。

『惑わされない・焦らない』と言うのがあります。


何に惑わされないかと言うと、ネット上も含めて周りの農家に惑わされない。
周りの農家さんの栽培状況を見ていると、早い人はとにかく早いんですよ、種蒔きや定植の時期が。

ある程度の設備や資材を持っている人の種蒔きやらを見ていると、僕が段取りを組んでいる時期より早く行動を起こしている人がたくさんいます。

そういう人たちは当然僕より早い時期から夏野菜を収穫し始めているので、「あ!オレもやらなきゃ!!」って結構焦っちゃうんですね。

でもよくよく色々観察したら先にも書いた通り、かなり良い設備と資材を持って事に当たっている人たちのようで、うちみたいに設備投資がまだまだ不十分な農家には、ちょっと無理が有ったって、特に去年のようにゴールデウィークくらいまで寒さが続いているような年だと、顕著に感じてしまったんです。


そこで今年は駆け出しの頃に戻って、焦らず自然栽培本来の季節に沿った栽培管理を心がけようと考えている次第です。

ですからここ2年ほどの間に研修を受けた人からすると、「え!まだ種蒔きしてないの?」と感じるくらい、野菜なりの季節に沿った事をしていくと思います。


物によっては昨年より1か月遅く始める野菜もありますし、だいたい2週間は去年・一昨年に比べると遅くスタートします。


でもいつでもイケるように準備だけは万全にしとかないとネ



第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。