「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなり遅めの新年会 

2014年も1ヶ月が過ぎ、次の月に突入してからの、かなり遅めの「あぐりーも」の新年会を、先日の日曜日に現研修生、元研修生とで、お取引先のリストランテエストさんでしてまいりました。

この日のメニューは『自然農園あぐりーも』スペシャル
あぐりーもスペシャル
こんな立派なお品書きまで作っていただいて恐縮っす。


さてメニューの文字だけじゃ分からんだろうから、早速写真をアップしていきましょう。


まずはストゥッツィキーノ(お口取り)スープ
エスト(ストゥッツィキーノ)
トピナンブールのスープ、カプチーノ仕立て
トピナンブールはガンガンに火を通して甘みを引き出すのが美味しいですね、
それにはスープ料理はピッタリ!
泡々のカプチーノ仕立てにすることにより、古きよき昔の野菜が現代の人の味覚にマッチです。


アンティパストフレッド(冷たい)
エスト(アンティパストフレッド)
あぐりーも野菜のサラダ、サンダニエーレ産生ハム添え
主従逆転です。
普通なら生ハムサラダ添えになるところが、生ハムが添え物。


アンティパストカルド(温かい)
エスト(アンティパストカルド)
バーニャカウダ
生野菜だからサラダだと思われがちですけど、バーニャカウダは温かい料理になりますね。
この中でビックリこいたのが蕪の味がバーニャカウダソースに勝ってしまったこと。
どんだけパワー有んだ!?


プリモピアット①
エスト(プリモピアット①)
ズワイ蟹とチーマヂラーパのオイルソース、ゆずの香りとともに
蟹の甘さとチーマディラーパのほろ苦さが合いますね~。


プリモピアット②
エスト(プリモピアット②)
ジャガイモのニョッキ
じゃが芋のニョッキなのに赤い色をしているのは、赤い果肉のじゃが芋品種を使っているためです。
この品種はかなり良い!


セコンドピアット
エスト(セコンドピアット)
あぐりーもの根菜オールスターズのロースト、飛騨けん豚の低温ロースト
これも主従逆ですね、お肉が添え物って。
豚肉はお昼ごろからじっくりと低温ローストしたそうで、しっとり滑らかな舌触り。
主役根菜たちもおおよそ30分以上もじっくりとローストしたもので、表面はカラメル化して少し苦味を持たせて、極限まで水分を調節しながら甘みを引き出すというシェフの勘所が見せ場ですね。
シェフ曰く、素材が良いからオーブンに入れっぱなしで楽チンと言ってましたが、先日調理しているのを見させてもらったら随所に美味しくする細かいポイントがあるんです。
それはね………内緒


ドルチェ
エスト(ドルチェ)
バニラアイス、パンナコッタ、ショコラータのミスト(盛り合わせ)
メニューの打ち合わせでドルチェも野菜にする?って聞かれて、速攻で普通で良いですと答えた私
こんだけ野菜があればドルチェまでしなくても十分でしょ?


現研修生、元研修生にしても、こうしたレストランに行く機会はなかなか無いものです。
実際にプロがどう野菜を調理するかの研修も兼ねた食事会でしたが、これからもこうした機会は定期的に持ちたいものですね。


美味しい料理をご馳走様でした。


第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。