「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ですが初挑戦 

今日も朝から畑ですよ~。
日曜日もお仕事です。
って言うか、今後の約3カ月は休みなしのノンストップで畑に出まくりです。


いよいよ夏野菜の播種を開始しました。

去年に比べると一カ月遅いスタートですが、ここ数年周りの農家さんの播種状況を見ているといつも僕より早く播種をしだしていて、焦ってしまい年々早めていたのですが、去年はあまりにも早すぎて苗が低温障害に遭ってしまいその後の生育に大きく影響を及ぼし反省しまくりで、今年は就農当初に立ち返り、季節なりの栽培を心がけようとこの時期の播種にしました。

育苗後の定植も全体的に3週間~1カ月は去年より遅くなるでしょうから、定植期の後半はおそらくもうドッタバタな気配が今からプンプンです
 (アルバイトでも雇おうかしら?)



さて本題(という程の話でもないが)。

数年前から流行っていた野菜を今更ながら今年初挑戦。
ほおずき14/3/1(播種)
見たとおりです。ホオズキです。

ホオズキと言うとどうも観葉植物のイメージが強くて、流行っていてもどうも栽培する気が起きなかったのですが、夏野菜のアイテムが少ないのと、ほとんどのお客さんからのリクエストも有り、ま~いっちょ遣ったるカー!的なノリで種をまいてみました。


いつもほとんど種袋の裏側の栽培要領を読まないんですけど、たまたま読んで良かったです。

同じナス科のトマトと同じような栽培をすれば良いと勝手に思ってたんですけど、トマトと違い水分の要求量が比較的多い野菜だったんですね。

危うく水はけの良い畑で栽培するとこでした。

ん~、しかし字が汚い。




最近ハウスの中はさながらお花畑
ナスタチウム14/3/1


なんか纏まりないが無いですけど、オチが思い浮かばないのでこれにてバイバイ


第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。