「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北風吹く⇒ハウスに避難 

農業し始める前のこの時期って、おそらく今日みたいな北風がビュンビュン吹いていても気にならないし、な~んか今日は風が強いな~、程度に思っていただけなんだろうけど、農業始めてからと言うか、ハウスを建て出した頃から異様にこの時期の北風に敏感になりました。

昨日の雨をもたらした低気圧が、今日はパワーアップして爆弾低気圧となって吹き荒れてるんですね。


こんな北風が強く吹いてると、風にあおられて目は痛くなるし、頭は痛くなってくるしなんで、ビニールハウスに避難してハウス内で出来る作業を黙々と進めます。

運良く作業が有るのではなくて、一週間の天気予報図から今日は風が強いのが分かっていたんで、作業を残しておいたんです。
エッヘン



その中で何をしていたかと言うと
トマトオレンジ14/3/21(鉢上げ)
一部のトマトが本葉を展開し始めたんで鉢上げです。


実は今年のトマトの播種一発目は、暖房にとかけておいたストーブが異常燃焼を起こし、その時の有害なガスで大部分が萎れてしまったのです。

ですからこのトマトはその中を生き残ったツワモノたち。

当然2発目の播き直しはしてあって、こちらは同じミスを起こさないように細心の注意をはらって育苗中で、来週には鉢上げに持っていけると思います。


いま育苗中なのは他にナス、ピーマン、ホオズキ、レタス、ネギ。

相変わらず海外メーカーのピーマン品種は発芽率悪いです。

ほんと何とかならんのかと、いつも愚痴ってますが、愚痴るくらいなら国産メーカーにとっとと変えればいいのだけど、国産メーカーが発売している品種の中に、代替えになるような品種が無いんで、仕方なくいつも余分に種を買って、発芽率が悪いものだと諦めて余分に種を播く始末。

余分に種を播いたおかげで、ある程度の目標株数にまでなってきましたから、トータルでは問題なし!



さて明日からまた数日は朝の冷え込みが激しいようです。
今年は去年散々くらった低温障害による苗の伸び悩みを解消すべく、こちらも手を打ってあります。


ちょっとしたアクシデントもありましたが、今年は今のところ順調です。
この先すべての苗にも細心の注意を払って、ガッツリと収穫を迎えたいですね。



第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。