「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて購入 

4月の初めに少し肌寒い日がある予報になってますけど、ここ数日は暖かい日が続いてますね。
ハウスの中で育苗管理中は半袖になって作業してますけど、汗がにじみ出てきます。
なんせ30℃オーバーっすから。


4月初めも肌寒いといっても、2年前のように朝方が2~3℃といった訳でもなさそうなので、色々と忙しく作業が続きそうです。

うちの場合は季節感無視の無理やり栽培はできるだけ避けて、あえて端境期を設けてますから、この時期やもう少し前の3月に露地に無理に種を蒔くことはしませんが、地温も少しずつ上がってきたのでそろそろ端境期明け初っ端に出荷する短期野菜の種まきにかかる予定です。


それと同時に栽培に4カ月以上かかる長期野菜で、しかも直播きしなくちゃいけない野菜もあったりで、初めてこんなんかいました。
穴あきマルチ
穴あきマルチ。

10年やってますけど、初めて購入しました。
穴あき加工されてるだけで1.3倍くらいのお値段。


今回の穴あきマルチには収穫まで半年くらいかかる、ヨーロッパで人気がある根菜の種を蒔きます。

冬場の根菜ならマルチを張らなくても大丈夫ですけど、これから季節は夏。
夏といえば雑草旺盛な季節。

背丈の低い根菜はアっという間に雑草に埋もれますから、それを防ぐためのマルチングですが、油断してるとマルチごと雑草に埋もれますから、小まめな除草が栽培成功のカギとなるでしょう。


手間のかかる野菜です。
手間がかかれば当然これも高くなりますが(笑)



第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。