「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる気は本人次第 

昔から仕事の成否は段取り8割と言われてますが、段取りを仕切って(仕込んで)いくのは人によっては、あるいは状況によっては意外と面倒くさい事がありますね。


たとえば、自慢に聞こえてしまうかもしれませんが、今年はなぜか新規のお問い合わせが多い。
年が明けてからまだ4か月目に入ったばかりだと言うのに、すでに二桁ものお問い合わせ。

例年ですと年間通して二桁なんですが、さすがに予想を上回るハイペースに遺憾ながら数件ご辞退してしまいました。


しかしこれにもカラクリがあって、一年以上コツコツと積み重ねた結果だと思っていて、予想は上回っているけど、結果には納得しているというか、やった甲斐があったと自分で自分を褒めています。



農業での独立は資金力豊富にいきないり法人にでもしなければ、おそらく自分一人か夫婦での出発になるでしょう。

そんな時に面倒くさい事を後回し後回しで後手後手にしちゃうと、自分が想像していたよりも低い結果が待ち受けている事が多いはずです。


たとえば、ある農業者にそろそろコレをした方が良いんじゃない?とアドバイスをしても、おそらく面倒くささも含めていろんな理由で後回しにしちゃってるんでしょうね。

私が心配した通りの後手後手の状況になっていて、アレどうするのかな?って思って、今は静観しています。
ソレを私がアドバイスしたタイミングでこなしていれば、もっと楽が出来て段取り良く事が運べるでしょうに。


どの研修生に対してでもですが、ある一つの事にだけ関してノルマを課しています。

それはすぐに結果が出る項目の研修内容ではないですが、自主性による普段の積み重ねがとても重要になってくると感じていて、それが冒頭に書いたとおりの私の今年の結果です。


独立して起業するってのは会社勤めと違って、上司からアレやれコレやれと指図されるわけではなく、自分から進んで行動しないとよい結果は生まれませんし、悪い結果は給料制じゃないだけにモロに自分に跳ね返ってきます。

逆に自主的にいろいろと行動を起こせば良い結果が生まれます。

そして自分が自主的に仕込んでおいたことが結果として表れるのは、仕事の遣り甲斐としては面白いはずじゃないでしょうか?



第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。