「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルニーニョ 

昨日16日のお昼に見た天気予報では18日は雨。
帰宅後に見たら晴れ/曇り。
そして今17日お昼にみたら今度は雨。

気象庁のスーパーコンピューターはどんな試算をしてるんだ!
そして気象予報士は何をしてるんだ!
種まき予定をどうしてくれるんだ!

と怒っている耕作人です。
毎度どうも。

灌漑設備がない畑が多いんで雨降り前の播種はとっても重要なのね、うちの場合。
それがこうコロコロ予報が変わったんじゃタマッたもんじゃありませんよ。


そんなイマイチ信用できん気象庁が、今年の夏はエルニーニョが発生する予報を立てています。
ちょい前のニュース
気象庁監視データ


5年ぶりの発生予報ですが、5年前はついに梅雨明け宣言が出ることなく、8月上旬までダラダラと雨が降り続いたのを覚えています。

たしか茄子とオクラの出来は良かったかな?
 (しかしその後の約1カ月弱雨が全く降らなくて急失速。)

トマトは最悪だったし。

そして米価もちょっと高かったはず。
お米の作況指数も全国平均でたしか95%を切っていたような記憶。

1993年のいわゆる平成コメ騒動の作況指数は74%だったそうだから、5年前はそれほどでもないですね。
実際海外から大量輸入する事もなかったし。


イマイチ、いやイマサン信用できない気象庁の予報ですが、一応頭に入れながら夏場の農作業をこなさないといけないかもしれません。
とくにおコメ農家さんは深水管理が必要なのかもしれませんね。



第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。