「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想だ 

最近ネットや新聞でTPPがらみの記事を詳しく読んでないけど、どうなっちゃったんですかね?
農協も改革するとの記事を少し前に読みましたが、農業をめぐる環境が移ろう時代になってきました。
いや実際に移っていかなきゃ遺憾でしょ。


日本の農業技術は素晴らしい!世界一だ!

なんて声をよく聞きますね。
でも実際どうなんでしょう?

3種類だけですけどデータを引っ張ってみましょう。
反収の数値ですけど、反収とは1反=約1,000㎡あたりの収穫量の事を言います。


小麦反収
オランダ 929kg
日本 323kg(北海道 417kg)      約3分の1

ジャガイモ反収
オランダ 4.6トン
日本 3.2トン    約3分の2

トマト反収
オランダ 50トン
日本 5.7トン    約10分の1


オランダとの比較ですけど、酷いですね~。
トマトに至っては10分の1しか収穫できていない。
これでよく日本の栽培技術は素晴らしいなんて、農水省もほらを吹けるものです。

日本農業の生命線とも言うべき米も、実は栽培技術がある国だと反当り1.5倍ほど収穫するらしい。

もう収穫量だけで言うととても太刀打ちできません。
海外の低価格の米云々を言う前に、栽培技術の見直しが大切なんじゃないですかね?


ただしオランダのトマトに関して収穫量は素晴らしいですけど、品種的な面(食味)では日本のトマトに軍配が上がるんじゃないかな?……………今のところ。

でも、そんなもんはすぐにキャッチアップされるに決まってますから、やはり栽培技術の向上でしょうかね?



第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。