「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャレンジ2年目 

facebook兼務の読者はご存知かもしれませんが、10年借り、そしてビニールハウスがあり、当園の畑の中では貴重な年中水が出る畑を返さなければいけなくなり、fb内で愚痴をこぼしまくっています。

ま、愚痴だけ言ってっても何も改善されないので、天気が悪く思うように秋冬野菜の作付け作業もなかなか進まないので、畑探しに精をだしたり、頻繁に農業委員会に顔出したりと、ジタバタと足掻きまくっています。

その甲斐あって理想の畑とは言わないまでも何箇所か代替え用地が見つかり始め、多少気分的には落ち着いてきました。
落ち着きついでにこの際、畑の面積も2町歩(約20,000㎡)まで持っていこうかと思ってます。

さすがに2町歩を一人で管理するのはキツイので、そろそろ雇用と言う言葉が頭の隅をかすめ始めています。



で、その雇用前の一人の時期をどう乗り越えようかと、さらに雇用をしても如何に効率よく従業員を働かせてあげれるかを考えて去年購入した『ひっぱりくん』
ひっぱりくん

年に一回しか使わない代物ですけど、今年もそろそろ使う時期が近づいてきました。

このひっぱりくんで必要なものがペーパーのチェーンポットでの育苗なのですが、去年はペーパーポットの特徴をつかめず、苗をかなり徒長させてしまいました。

今年は育苗土の配合、水遣りの頻度、日照・温度調節など去年の反省点を踏まえて育苗してみましたが、去年より徒長気味の苗は少ないながら、それでもまだまだ徒長苗が3~4割くらい出来てしまった。

出来てしまったがその徒長具合は去年に比べると多少は改善されているので、来年はもっと精度を上げてさらに徒長苗を少なくしないといけないな、っと。

カリフラワー14/8/28

ちなみに写真の苗はカリフラワーです。
(防虫ネット越しの撮影のため、ちょっとくすんだ写真になってますがお許しあれ。)



第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。