「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰謀論 

巷を見渡せば〇〇の陰謀論、△△の陰謀論、□□の陰謀論とかいろいろ唱えている人たちがいる。
先日来話題になっているテング熱騒動にも陰謀論が蔓延ってますね。

読んでいると「お~、マジか!?」なんて思わず信じてしまいそうになる。

農業がらみの陰謀論だと、悪名高い(?)モンサントがよく引き合いに出されます。
種子の遺伝情報を特許独占することにより世界征服を企む…みたいな。

以前ある農業関係の方から話を聞いたのですが、そんな物は陰謀論でもなんでもなく【 単なる企業戦略 】なのだそうです。

そりゃそうですよね。
企業ならば少しでもマーケットシェアを拡大させようとしたり、オリジナリティーを高めようとするのは当たり前の行為でしょう。
うちだって少しでもシェアを増やそうと努力してますモン。

そのかた曰く、陰謀論などと唱えるのはレベルが低いと言わざるを得ないそうです。
それが単なる企業戦略ならば情報を細かく分析して、こちらもそれ以上の対抗できうる戦略を考え、練り上げた戦略を実行すれば良いだけのことです。

こと農業分野においてこの話を聞いてからモンサントへの見方が変わりました。
余りにも規模が大きすぎるので到底追いつくことは不可能ですけど、もしかしたら参考になる戦略を持った企業なのかもしれないと思うようになりました。

そしてその他のユダヤの陰謀論とか、アメリカの陰論とかでも同じですね。
ユダヤならば単なる金融戦略なんだし、アメリカなら自国国家へ如何に利益をもたらすかの国家戦略なんだろうし。

くだらない陰謀論に共鳴して〇〇はダメだ!なんて言ってる時間があれば、自身で有効な対抗戦略を練って、自分が思い描いているような状況に持っていく努力をすれば良い。



第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくはブログ左上段の案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。