「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイプハウス2日目 

筋肉痛です

昨日パイプハウスのフレーム組みで、パイプを地面に挿すときに知らない間に腹筋やら上腕筋に力をかなり入れて使ってらしく、普段いかに筋肉を使っていないかが良く分かりました。

さてさて今日もポカポカ陽気で昨日に引き続きパイプハウスの組み立てです。

今日はサイドのビニール張りとドアの取り付け、そして天井のビニールを張った時に紐で縛るための杭を打ち込みました。

この2枚は外から見たのと内側から見た今日までの進み具合。
p-5

p-4
基本的にはトマトの雨除けハウスとして使いたいのでサイドのビニールは余り気にしていないのですが、プロが作るようにビシッとは張れませんでした。

p-3
こっちのは螺旋杭という杭を打ち込み、穴に14m分の直感パイプを差し込み、そのパイプに天井のビニールを押えるための紐を結びつけ固定する予定です。

あくまで簡易タイプのハウスなのでこんな感じに作っていますが、プロが建てるハウスはもっとがっちりと紐も脹れる様になっています。
ただしそれだと¥40万コースになっちゃいます。

今日の作業は取り合えずここまで。
この後の天井のビニール張りは流石に一人では無理なのでベテラン農家さんにコーチ役をお願いしてあります。
遅くても次の日曜日までには完成させたいな~。


そう! それから40坪強の小さい畑ですが、また新しく借りれることになりました。
今回のこの畑は砂地なので人参作りにピッタリなんです。

でもずーっとほったらかしの畑だったのでセイダカアワダチ草やら分け分からない雑草が一杯ありすぎなので、最初はトラクターを入れ(地主さんがやってくれます)、徐々に自然農法の畑にしていくつもりです。

そして何より地力が落ちていると思うのでイモ類か、窒素を固定してくれる豆類を最初に栽培しようかと思っています。

これで合計250坪程度になりましたが、
は~~~、まだ1反に届いていないのかぁ
もっと広くしたいーーーーー!!!!
スポンサーサイト

Comment

Name - 春日井自然農園 横島  

Title - 

おはようございます。
またまた畑が増えたんですね!
ハウス作りも順調そうですね。
でもまた今日は雨。
うっとしい天気が続きます。
僕も今日は筋肉痛です。。。
2006.03.06 Mon 10:19
Edit | Reply |  

Name - せんめい  

Title - 

よろしいですなぁ、広くて。今年は大量トマとができそうですね。うちもせせこましく作るのが嫌になってきましたねぇ。
どどっと作りたいけど、まだカイシャは辞められないし・・。
2006.03.06 Mon 18:42
Edit | Reply |  

Name - 耕作人K  

Title - 

 @横島さん へ
横島さんの所のようにドドーっと600坪とは行きませんでしたが、少しでも増えるのは良いことです(今回はタダだし)



 @せんめいさん へ
せめて4反まで増やさないと農業一本でやるのは難しいです。
僕も他の仕事ありますし。

今年はトマトだけで11万円は稼ぎたいですね~。
じゃないとハウス代の元が取れないですから。
2006.03.06 Mon 21:35
Edit | Reply |  

Name - maru  

Title - 

いいですね。畑が増えて。
ぜひがんばってください。

ちょっと疑問に思ったのですが、ハウスと自然農って、どう考えたらいいのでしょうか。ハウスの中に生態系?なのでしょうか。
それともあまり考えなくてもよい?

それからもうひとつ、セイタカアワダチソウは自然農とはいえやっぱり排除しないとだめなんでしょうか?
大きいから?

すみません、何も知らないものですから。
2006.03.07 Tue 00:22
Edit | Reply |  

Name - 耕作人K  

Title - 

 @maruさん へ
ハウスを買う時これは悩みましたね~。
ハウスで自然農法なのか?って。
厳密に言えばこれはやっぱり自然農法じゃないでしょうね。

このハウスではトマトを作るのですが、元々の原産地が雨の少ない環境の野菜なので、トマトのみで考えるとより良い自然な環境なんだと、無理やり納得しています。

セイタカアワダチ草は日陰になり過ぎるので野菜の生育や発芽の邪魔になるので除きます。

そして地力が足らないこの畑に他の雑草共々耕転して鋤きこんであげることで、ひと夏かけて雑草達が自然の堆肥となって地力を上げてくれます。
その自然の堆肥を元に自然農法に移行していく予定です。
2006.03.07 Tue 18:15
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。