「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル農家の経費 

新規就農するに際して、どれくらいの面積をこなせるだろう?どれくらいの収穫があり、どれくらいの売り上げができるだろう?などなど、未知の世界へ飛び込むわけだから心配事は尽きないだろう。

さすがに売上額を公表するわけにはいかないが、思いきって今回2015年にかかった経費を公開してみましょう。


メモ書きなんで小汚ない字はご容赦のほどを。

まず当園の場合、面積は約1.5ha、野菜は年間約150種類を栽培、労働者は私一人です。

そして特徴としては畑と自宅の距離が片道16km離れてるので、ガソリン代はかなりかかってます。
またガソリン代は、小売価格が2014年に比べると徐々に下がってきたので、今年度は前年より4万円ほどの燃料費が浮きました。

種代は固定種の方が多いので、F1種を使うよりは安く済んでいます。
F1の種は高価です。
例えばミニトマトのF1を1000粒買おうとすると、2万円前後しますんで┐('~`;)┌

資材代は3年くらい前まで、支柱だ何だと揃えなきゃいけないものが沢山あったので、30万円台後半かかっていましたがそうした物がほぼ揃ってきて、今年は20万円台まで下がりました。
その20万の中でも1つで10万する農業資材をかったので、消耗品的な要素の物だけとなると10万円分ほどの経費しか使っていません。

あと書いて無いですけど4年前にトラクターや管理機、そして去年には軽ワゴンも購入したので、その減価償却も○○万円かかってきます。


どうですか?
何となくイメージはついたでしょうか?


第5期自然栽培研修生の募集を受け付けています。
詳しくは≪研修の問い合わせ≫案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。