「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失 敗 

X'masウィークだと言うのに、まだまだ温かい日がちらほら。

私の記憶の中では過去一番遅い時期だと思うが、フィリピンの東の海上では台風26号が今ごろ発生し、去年のエルニーニョの影響が以前として海水に残っているのでは?と思わせる。


ここ何回かのブログは調子の良い野菜の事ばかりアップしていたが、たまには失敗している野菜の写真も載せてみよう。

さてこの写真


剪定バサミより低いが、本来ならこの時期には剪定バサミより大きく、葉も結球していないとイケない野菜だが、ご覧のような状態だ。

なぜ失敗したのか?

考えられる要因は多々あるが、大きく3つの要因が考えられる。

①定植する畑の仕込み準備の遅延。
②遅延により鋤き込んだ有機物がガスを発生し、窒素飢餓を起こして根から上手く養分を吸えなかった。
③成育初期の9月~10月の天候が悪かった。

この3つが大きな要因だろう。


③の天候は自分の力ではどうしようも無いが、①と②は自分の力で何とかなる要因だ。

とは言え、歳を重ねるごとに年々体力は落ち、冬野菜の仕込み準備期は残暑真っ先りで、どうしても体力的にキツい季節だ。

今年最も大変であった作業工程を解消しないと、来年も同じ羽目になってしまうだろう。

それを解消すべく、またまた資金を突っ込まなければなりない。

あ~またローンが増えていく😰


お取引へのお問い合わせはこちらのメールフォーム(◀◀ここをクリック)をご利用下さい。


自然栽培での営農を志したい研修生の募集を受け付けています。
詳しくは≪研修の問い合わせ≫案内をクリックしてください。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。