「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら~ さよなら~ さよなら~ あ~♪ 

残念ながらズッキーニとはサヨナラすることに決めました。
今日見たら小指より小さくて細い雄しべが付いていたのですが、去年一部育たなかったズッキーニにもそんな小さな奴が付いていて、結局そいつは大きくならなかったので、今年の奴も駄目だろうと見切りをつけました。

か・か・かなり寂しいです。

1~2株だけ育たなかったと言うなら問題ないけど、20数株全滅ってのは・・・・・
苗までは順調だったのに何がいけなかったのだろうか?

* やはり固まりやすい赤土での無肥料・不耕起の自然農法は適さないのか?
* ただ単にズッキーニと土質の相性が悪いのか?
* 天候不順で雨降りが多いのに、不耕起栽培のため土の中の酸素が不足して根張りが
  悪くなったのか?
* 自然農法をするまでの土が出来ていないのか?
* 慣行農法の畑から自然農法の畑に変えた、悪くなると言う2年目のジンクスか?
* ウリ科の野菜にしては畝幅が小さかったのか?
  (通常120cmは取るのでしょうが、60cmしか取っていなかった)
* 信念枉げて堆肥を入れるか?
  (と言っても植物性堆肥のみを表面に振りかけるだけ)

以前も書きましたが、自然農法のカリスマ【福岡正信】氏はどうやって自分の赤土の畑を立派な畑にしたのだろう?

誰か赤土から自然農法へ変える攻略法があったら教えて頂――――戴!!

愚痴ばっかじゃ嫌なので、今のところ順調なトマトの写真。
シシリー06/5/21(着果)
先週の日曜日に撮ったミニトマト。
長細いプラム形のミニトマトで、2007年より一般市場に出回る予定らしく、今年はサンプルのみしか出回っていません。
種苗メーカーから直接サンプルを取り寄せ、その数がわずか10粒しかなく、何とか発芽して無事に実を着け始めました(発芽率70%)。

このトマトは調理用に向いているそうですが、そのままで食べても十分美味しいそうです。

このトマトたちだけでも順調に育って欲しいものだ。

明日は久々にフルコースでも作って、このムカつきを晴らそっと!!
(いつもはイタリアンだけどおフランス料理にでもしてみっか!?)

スポンサーサイト

Comment

Name - リー  

Title - 

耕作人さん、こんばんは。
そうですか…ズッキーニ、全部撤収するんですね。
それは寂しいですね~(泣)
やっぱり野菜作りは難しい!デリケートなんですね。
耕作人さんのフランス料理のフルコース!?
これは楽しみ~!(^-^)
あっ、今日「ひな野」行ってきました!!
すっごく美味しかったですよ~大満足です♪
2006.05.27 Sat 20:33
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。