「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナスって面白い 

農業をし始めて2回目の夏ももうすぐ過ぎようとしていますが、夏野菜の一つ今年のナスの写真を載せるのを忘れていました
愛知本長ナス06/8/11
と言うか、今年の7月前半は虫害で実付きが悪く、この2週間くらい前からようやく収穫が出来始めたしだい・・・悲しい。

そして、ようやく収穫でき始めたと思えば、そろそろ秋ナス作りに向けて剪定の時期・・・やっぱり悲しい。

何事も経験なんでしょうか?

このナスは愛知の伝統野菜に指定されている【愛知本長ナス】。
黒光りしていてとってもクールな感じに見えてカッコいいです。

味の方もプロの料理人であるお客さんにお褒めの言葉を頂いたので、良い味に仕上がってくれています。
噛めば噛むほど味がジワーッと染み出てくる感じは、化学肥料を使用して栽培したナスでは味わえない醍醐味です。

先日、カットしたものをラップで巻いて冷蔵庫で保管していたのですが、その辺のスーパーのナスに比べて、断面が黒ずんでくるのがとっても遅い。

これも自然農法による特徴なんですかね~?
一般的に自然農法の野菜は、痛んでくるのが遅いと言われています。
それだけ内に生命力を蓄えているんでしょう!!


そう言えば、ナスって変ですよね。
こんな双子ちゃん出来るし。
愛知本長ナス06/8/11(双子)

去年はガクの所じゃなくて、実の横からムニュムニュ出てきて、まるで天狗のようなナスが出来上がってたし。

同じナス科でもピーマンやトマトでは、こんな奇形は見ないしね!?




スポンサーサイト

Comment

Name - てんちゃん  

Title - 

こんにちは!暑いですね~
って、会社じゃクーラーガンガンだから普段そう思わないけど、
家にいると暑さが迫ってきますね。

うちのナス、害虫にやられて7月後半から収穫ナスいや無しです・・・
そのままにしてあるのですが、何か対策したほうがいいんでしょうか??
そろそろ秋ナスの剪定時期なので、剪定したらなり始めるかなぁなんて、楽観視してます。
どんなもんなんでしょう~
今まで、こんなことなかったんですよ・・・
2006.08.12 Sat 11:43
Edit | Reply |  

Name - たつま  

Title - 

なかなか男らしい(?)ナスですね。
うちのはもう終わっちゃいました。
今週末に剪定して秋に備えます。

確かにスーパーで買ったのとは比べ物にならんですよね。
歯触り、味、きめ細かさ。
今から秋ナスが楽しみです!
2006.08.12 Sat 11:57
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 @てんちゃん へ
せっかく栽培しても 収穫ナスいや無し ってのは悲しいもんです。

虫害に関してはどうなんでしょうね?
今年は天候不順でしたからね~。
全国的に虫は多いみたいですよ。

農薬を使えば手っ取り早いんでしょうが、無農薬ならこまめに発見するか、来年は施肥管理をしっかりするかでしょうね。
(肥料のやり過ぎは虫害の元です)

でも、もう秋ナスに向けての剪定時期ですから、新芽が頑張ってくれることを祈るのみです。





 @たつまさん へ
どう? 男らしいでしょ??
と、よく分かりませんが、ようやく多少収穫出来るようになって来ました。

そんな中、実が付きそうなのに剪定するのは、とっても惜しい気がしてなりません。

そう言えば先日、伊賀地方の某有名ファームの野菜を取り寄せて食べて見ましたが、トマト・ナス・キュウリと味では勝ったと思います。
後は安定的な収量だけです。
(自然農はそれが難しいんですけどね。)
2006.08.12 Sat 21:42
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。