「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事に発芽 

去年、栽培した愛知の伝統野菜「碧南鮮紅5寸ニンジン」。

その味は柿のようでかなり好評を得たのですが、今年は自家採種をして去年の3倍の広さに種を蒔きました。

ニンジンの自家採種は初めてだったので、どうなるか心配だったのですが、何とか発芽しだしたもよう。
碧南06/8/24(自家種 発芽)

ただ市販の種に比べて少し発芽率が悪いような。。。

広さ3倍でも、結局去年と同じ収量だとどうしようなどと、今から心配しています。


さて、もうすぐ終了となる予定のトマトも、活きの良い奴は採取用に残すつもり。
残すのはミディトマトの【サブレ】と、ミニトマトの【シシリアンルージュ】。

どちらも多分F1種なんで、来期作がどんなんになるか不安でもあるけど、楽しみでもある。

トマトを自家採種する理由は他にもありまして。
トマト用にパイプハウスを建てたは良いが、連作を嫌うと言われているトマトのために毎年移動させる訳にも行かず、かといって露地でトマトを作ると雨の攻撃がまっている。

そこで自家採種での連作が得意(?)と言われている自然農法の出番です。


と、知識としては持っていますが、実際にはどうなるんでしょうか?
来年の夏の楽しみに取っておきます。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。