「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑ネタばっかりでした 

最近、畑ネタばっかりだったような・・・・・気がします。

このブログのメインテーマだから、しゃーないと言えばしゃーない。

畑ネタの中でも自然農法のウンチクみたいな、真面目な話が多かったからちょいと疲れてきました。

そこで今日は、、、、、

いいかー! お前らー! 今日は最近食った変わった物の飯ネタだー!
よ~く目かっ開いて見やがれー! 
さーやっぞー!!(マジャ風にね)


夜も遅くて文を考えるのが面倒なんで、写真いっぱい。

【仔羊の香草パン粉焼き】乗ってる野菜は全て自家菜園から。
仔羊の香草パン粉焼き


【ウニのスパゲッティ】ウニクリームで仕上げました。
ウニのスパゲッティ


【鯵のお刺身】相棒ららかんの妹の旦那さんが釣って来たもの。
釣りたて最高っス!
鯵の刺身06/9/18


【鯛の塩焼き】上と同じく。
鯛の塩焼き06/9/18


【アンティパスト】
野菜は自家菜園から
白いものは鱈とホタテのテリーヌです。
アンティパストミスト06/7/1


【フルーツトマトとツナの冷たいカッペリーニ】
もちろんトマトは「あぐりーも」のトマト
トマトとツナの冷たいカッペリーニ


【鶏モモ肉のグリル娼婦風ソース】
黒オリーブ・アンチョビ・ケーパーを利かせたトマトソース。
どうして娼婦風かって言うと、その昔イタリアの娼婦が余りの美味しさに、客引きでこのソースで作ったパスタを出していたらしい。
本当かどうかは知らないが。
鶏モモ肉のグリルトマトソース


何と言っても極めつけの【マツタケ】
さっとあぶって塩で食う!  たまらんです。
松茸06/7/31



こんな感じです。
そして今日は鰤の子供「ツバス」を魚屋さんからいただきました。
明日も(⌒┐⌒) じゅる
スポンサーサイト

Comment

Name - 畑ペンギン  

Title - 

朝っぱらから、、、、見るんじゃなかった。
腹がまた、、、ぐぅぅううぅぅうう~となってる。
2006.09.27 Wed 07:18
Edit | Reply |  

Name - sugiura_design  

Title - 

こんばんはー!耕作人さん!
んもぉーこんなステキなお食事作るのに・・・ラーメン屋行くから・・・
この際ラーメンも自家製!っていうのはどう?

ところで今回は食材がリッチだねぇ~
今は魚も色々釣れるしねー
アンティパストとフルーツトマトとツナの冷たいカッペリーニここが気になる!
旨そう!いや、旨いんだ!

ところで耕作人お薦めの大使閣下の料理人(←大分前に書いてあったことを覚えています)を時々読んでおります!
なかなかになかなかにオモシロイですねー
完結したことは最近知りましたが・・・時間があるとき(忙しくて漫喫に行けないので)に少しづつ読んでいまーす!
2006.09.27 Wed 19:39
Edit | Reply |  

Name - リー  

Title - 

耕作人さん、こんばんは♪
飯ネタ~!料理の写真いっぱいは、最高に嬉しい☆
最初から最後まで、どれも美味しそうで、コメントしきれない!
私がどう頑張っても作れない本格的なお料理に、すっかり目も心も
奪われました♪特に、ウニクリームが、食べたいです!
あ~ヨダレガ止まらない…
2006.09.27 Wed 19:49
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ★畑ペンギンさん へ
朝っぱらからこのネタは、ちとハードだったでしょうか?
たんまりご飯食べてください。





 ★sugiura_design さん へ
実はオーストラリアのラーメン屋で働いていたことが有りまして、スープを仕込めと言われればやれるんですよ。
手打ちパスタも出来るんで、たぶん麺も打てるとは思いますが、面倒臭くてそこまでやる気はありません。

夏の冷たいパスタは美味しいですよ。
材料はフルーツトマト・バジリコ・ニンニク・バルサミコ酢・オリーブ油・塩。
家庭でも出来る材料ですよ。

大使閣下は今でもたまに読み返しています。
是非、完読してください。





 ★リーさん へ
今回の写真は松茸・ウニ・鯵・鯛は全部いただき物ばかりだったんですよ。
感謝、感謝です。

ウニクリームは意外と難しいですよ。
あんまり火を入れすぎると、クリームが分離するし、入れないとウニが中途半端な味にボケちゃうし。
僕は白ワインを少し入れます。
2006.09.27 Wed 21:46
Edit | Reply |  

Name - なつ  

Title - 

料理の写真を次々見るたびに、「た、食べたい!」の一言。
家でこんなに豪華なもの食べているんですか?
お箸とお茶碗持参で耕作人さん宅へ伺っていもいいですかぁ~(笑)
鶏肉にアンチョビのソースかぁ。。。
材料あるし、まねして作ってみようかなぁ?
2006.09.29 Fri 20:39
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ★なつさん へ
本気モードの料理は勿論たまにですよ。
こんな物を毎日食べていたら、あっという間に破産です。

今回のプッタネスカソースの作り方は、
1 オリーブオイルでニンニク、鷹の爪、アンチョビを炒める

2 白ワインを少量入れ、ケーパー、黒オリーブを入れて味を引き出す

3 トマトソースと鶏の焼き汁を入れて塩で味を調えて、 最後にエクストラヴァージンオリーブオイルを入れて完成です。

参考になりますでしょうか??
2006.09.29 Fri 23:05
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。