「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑の近況 

最近毎日か1日おきぐらいにブログを更新している。
先月に比べると、かなりのハイペースです。

あ、特に暇ってわけではないですよ。

畑に行って写真をよく撮っているので、それを載せようと一所懸命になっているんです、ハイ。


見ていて飽きない程度に、載せていきましょう。

どれからと迷ってまずはこいつから。
【フィノッキオ ヴァンデンロメン種】
フィノッキオ06/10/14
フィノッキオ・・・聞きなれないと思います。
なんせイタリア語ですから。
日本名「ういきょう」、英名「フェンネル」です。

イタリア料理はもちろん、カレーなどインド料理にも使われるハーブです。
インド料理を食べ終わった後にお会計でレジに行くと、横に小型のヒマワリの種のような物が置いてあったりしませんか?
あれがフェンネルの種です。

フェンネルはこの種の他に、葉っぱは香草として主に魚料理に使われる事が多いです。
その香りと味は魚の臭みを取ってくれるのと同時に、ほのかな甘さを与えてくれます。
カルパッチョやマリネにお勧めですよ!

そしてこの「ヴァンデンロメン種」は茎の基部の方がプッくらと肥大して来て、サラダやパスタにスープ、メイン料理の付け合せなどにも使われます。

用途が広い一度に三回おいしいハーブなのです。
ちなみに9月中旬に種を蒔いて、茎部が収穫できるのは翌春の3月と気の長い話になります。



続いて【ラディッキオ ロッソ】
ラディッキオ06/10/20(結球始め)
これは去年も作っていたので、覚えている方もいるかも知れませんね。
レタスの仲間で完成品は赤キャベツの様な姿になります。
かわいく結球し始めたので、パチリと写真を撮ってしまいました。

ちょっとお高いスーパーなどに行くと、海外産で1個500円近くで売っている、とってもお高い野菜です。
「あぐりーも」では希少な自然農法にも関わらず、そこまでのお高い値段では販売しません!!

とっても良心的(たぶん)なんです。



今日ラストのご紹介。
ブログ初登場の正式名【チコーリア・ヴァリエガータ・ディ・カステルフランコ】
カステルフランコ06/10/20
名前が長いので普通はカステルフランコと呼んでいます。

名前の中の「ヴァリエガータ」と言う意味は「多彩色」です。
その名の通り赤・白・緑ととっても綺麗な野菜です。
種苗店で紹介されている写真はこちら 

これも完成品をイタリアから直輸入すると、とってもお高い野菜です。
街中の高級スーパーでもまず販売されていない、貴重なお野菜です。



一気に載せると読むのに疲れそうなので、
今日はこの辺りにて。。。






スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。