「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚が食べたい 

魚不足を感じてまして、前回に続き魚料理を作りました。

けどその前にこんな料理も。

【アンティパストミスト】
アンティパストミスト06/11/18
手前から左回りに
◎黒丸大根とミラノ大根のサラダ
◎シーザーサラダ
◎ナスとトマトのミルフィーユ ゴルゴンゾーラチーズと共に

この中で注目してほしいのは大根たち。
共にあぐりーもで売っているイタリア野菜です。
特に黒丸大根はこの珍しい皮の色を見せたいのですが、生で食べるととにかく辛い

なので、今回はこれを蒸し器で蒸しました。
そうする事で辛味が飛んで、中も甘くなりとっても美味しくなりました。
それに繊維がしっかりしているので、食感もバッチリ!

ミラノ大根は表皮が綺麗な紫色の大根です。

そしてシーザーサラダもあぐりーも採れたコスレタスを使っていますよ。
本来のシーザーサラダはこのコスレタスを使うんです。



【プリモピアット】
ベーコンとほうれん草のぺペロンチーノ
ほうれん草とベーコンのぺペロンチーノ
ベーコンをブロック状にカットして、食べ応え十分。
ぺペロンチーノを美味しくするポイントの一つは、オイルソースを乳化させること。
オイルソースを乳化させるには、パスタの茹で汁をフライパンの中のオイルに入れて、クルクルと回すのです。
こうすると食べた後に口の中が油油しなくて、サッパリと食べられます。
頑張って乳化させてね!

【セコンドピアット】
太刀魚シシリアンルージュのトマトソース・チーマディラーパ添え
最後に食べたかった
白身なら何でも良かったので、たまたま売っていた太刀魚を。

ちょっと長いですが題して「太刀魚のソテー、シシリアンルージュのトマトソース チーマディラーパ添え」

あ~、長い

お料理の説明をすると、まず太刀魚はタイムで風味をきかせて、ふんわりと焼き上げました。

そんでもってシシリアンルージュってのは、少し前に『どっちの料理ショウー』で特選素材に選ばれたのと同じ品種のトマト。
これを半ドライトマトにして旨味を引き出しておきました。
酸味と甘味のバランスが絶妙――!

そして「チーマ・ディ・ラーパ」。
聞きなれない野菜だと思います。
あぐりーもで取り扱っているイタリア野菜です。
直訳すると「カブの天辺」。

形はまるで菜の花のようなんですが、菜の花よりももっとシャープな苦味があり、大人な味なんです。
多くのイタリア野菜の特徴の一つに、この苦味があります。

慣れないとかなり苦いと思う野菜たちも、オリーブオイルと合わすと、とっても美味しくなることが多いです。


そんなこんなで、どれもとっても美味しくいただきました。
ご馳走さまです、、、、俺。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。