「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功と失敗 

人生に成功と失敗はつきもの。

今日は試しに商品用のジャガイモと人参を試し掘りしてみました。

農林1号とジャガキッズ

ジャガイモ  成功

人参  失敗

この人参は去年も栽培していた愛知の伝統野菜【碧南鮮紅ニンジン】で、種を自家採取したものです。
けどこのニンジン、本当は5寸のはずなんですけど、抜いてみたら3寸??

全部が全部こんなサイズではないと思いますが、ちょっぴりショックは隠しきれません。

あ~、他も抜くのが怖い。。。



と気を取り直して、秋のジャガイモ。

写真左に黒っぽく見える謎の物体もジャガイモなんですよ。
でも本当は紫色なんです。

その名もジャガキッズっていう新品種のジャガイモ。
品種特性を調べてみると「肉質は粉質で、調理後黒変の程度は少、煮くずれの程度はやや多。舌ざわりは滑らかで、サラダなどにも向いている。チップ・フライの褐変程度は中、食味は中の上。」

などと書いてありました。

せっかくの珍しい色なので、皮ごと調理した方が良さそうですね。
もう少し落ち着かせたら、ローストポテトにでもしてホクホクさせよう
 ((((( ( (ヽ(;^0^)/

もう一つは昔ながらの農林1号。

   なぜ1号か。。。?

昭和18年(1943)に新品種として登録され、馬鈴薯として農林省に登録された第1号が、このジャガイモだそうです。

古い品種と言って馬鹿にすること無かれ!!
これぞ「THE ジャガイモ」っていう味は、懐かしさがこみ上げ涙ものです。・°°・(;>_<;)・°°・。


それにしても、ニンジン。。。
味は去年どおり素晴らしい物なんですけどね~。
スポンサーサイト

Comment

Name - なつ  

Title - 

「ジャガキッズ」珍しいじゃがいもですね~。
確かに皮ごと調理したほうが見た目も楽しめますね。
人参失敗ですか?
写真で見た感じでは良さそうに見えるのですが。
商品として作るとなると色々と大変ですね。。。
2006.11.23 Thu 17:32
Edit | Reply |  

Name - りー  

Title - 

耕作人さん、おはようございます♪
これがあの、紫色のジャガイモなんですね!
でも、「ジャガキッズ」なんて、お茶目なネーミング(?)が付いてるとは…
これも一度、食べてみたいな~♪

人参、確かに少し短めに思いますけど、失敗と
言うほどではないと思いますよ☆
味が良いのがって一番☆(^-^)
ジャニーズって、背が低い人が多いでしょ?
そんな感じです!(笑)
2006.11.24 Fri 06:10
Edit | Reply |  

Name - たつま  

Title - 

耕作人さん

うちの人参もそういうのあります。
でもむしろ、その方が自然じゃないですか?
見てくれは人間の都合による価値だと、僕は思ってます。
偏った考え方かもしれないけど、全て同じ大きさ&形で流通させてるのがオカシイって思ってます。
それが自然だと思ってるし、それを必要としている方が沢山いるのも事実です。
だから僕は、無理に形を揃えるってことは考えてません。
だって味はgood!やし。
揃ってるにこした事はないですけどね(笑)
2006.11.24 Fri 11:31
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎なつさん へ
ジャガイモも探すと、この他にも色んな品種が有るみたいですよ。
世の中変わりました(笑)

ニンジンね。。。
自分で食べるにはこれで十分何ですけどね。
やはりプロを自覚しようと思えば、もう一押し位の物にはなって欲しいとこです。
他のニンジンを抜いて見ないとなんともいえないです。





 ◎りーさん へ
りーさんのブログに次の日曜日の事を書きましたが、ジャガキッズはこの日デビューする予定です!

ニンジンに関しては頭が痛いところです。
味は本当に良いのですが。。。
ニンジンはデビューさせるか迷っています。





 ◎たつまさん へ
確かに色んな形があるのが自然だと思います。
たつまさんも名前くらいは知っていると思いますが、【高知の山下農園】って自然農塾やっている人がいるじゃないですか。

あの人がこう言っています。
『味も形もA級品の野菜を作って、有機農法は優れているんだ! 有機をバカにしている慣行農家を見返してやろうぜ! そして市場(普通の消費者)にどちらが優れているか問うんだ!』って。

この言葉はプロとしてやっていく覚悟の程が感じ取れますし、有機や自然農法の人が虫食いは仕方ない、形が悪いのは仕方が無いなんていっているのは、負け惜しみのような気がしてしまうんです。

だから僕は野菜を売る時はA級品、B級品の差をつけています。
プロとしてバカにされたくない野菜を提供していきたいと思っています。
今回のニンジンは本来5寸のものなので、その本来の姿を引き出してあげられなかったので、ニンジンには申しわけ無いけどお金をいただく以上やはりB級品です。
でももったいないのでB級としては卸しますが。。。

ちょっと変ですか?
2006.11.24 Fri 22:20
Edit | Reply |  

Name - たつま  

Title - 

耕作人さん

全然おかしくないですよ。

「この人参本来の姿を引き出してやれなかった」
この気持ち、良く分かります。
自分が未熟だからそうしてしまったって、僕も常に思っています。
でも、「基準」「規格」「見た目」は人間側の都合って感じで、どうも僕は腑に落ちないんですよねぇ。。。

同じ野菜なのになぁ・・・

甘いのかなぁ・・・

2006.11.25 Sat 00:44
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎たつまさん へ
僕が思っているのは、消費者が何を欲しているか? が肝心だということ。

自然農や有機なら安全は当たり前のこと。
その上で実際の調理で使いやすいかそうでないかが、肝心なのではと思っています。

例えば小さな玉ねぎを100個剥くより、10個で同じ分量を賄えれば、その方が楽ですよね?
それだけ消費者に手間をかけさすと言う事は、やはりB級品として低価格にして、その分を消費者に還元しなくては、経済として成り立たないと思うんですよぉ。

自然農だ何だかんだと屁理屈こねても、実際には多くの人に受け入れられていないです。
もし本当にどこをとっても素晴らしいものなら、とっくに世の中を席巻していると思うんですよ。

世の中を席巻していないということは、野菜自体に、何処か問題があるはず。
それをただ単に今の流通システムのせいだけにするのは、かなり悔しいです!

自然だから不恰好でいいなんてのは、生産者サイドの単なる言い分けだと思っています。
そんな野菜で良いなんて言ってくれるのは、健康に気を使っている、心優しい一部の消費者だけ。

殆どの人が使い安い野菜を求めているはずで、安全性・味・形・収量とどれをとっても、お金を出す多くの消費者が満足できる物を作ってこそ、本当のプロの自然農法家ではないでしょうか?

これ、厳しいのかな~?

と、かっこいい事を言ってみても、現実は・・・・・あ~悲惨。
ま、こんな難しい話は今度直にしましょう。
コメント内で書き合う内容でも無いし。
2006.11.25 Sat 01:32
Edit | Reply |  

Name - 元田裕次  

Title - 

実はその意見には賛成。

できるだけいいものを安価で提供する。

経済の流れですよね。
そこに向かうまで自力をつけていかねばと考えてます。
2006.11.26 Sun 19:40
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎元田さん へ
そう!

形が悪かろうが小さかろうが、ただ単に無肥料だからとか、自然農法だからとかで、高く売るのは作物には可愛そうだけど、消費者目線で見るとどうも詐欺っぽい感じがしてしまうんです。

それにそう言った物でも高く売るのは、どんなスタイルの農法でも関係なく、先輩農家さんに失礼だと感じてしまうのです。

出来るだけ良い物を安く提供したいですが、かなり良い出来の野菜には、相場の2倍でも自信を持って価格設定をします。

これも経済の流れですから。

でも、それが出来るのは元田さんの言うとおり、自力しだいでしょうね。

先は遠いっス!
2006.11.26 Sun 22:18
Edit | Reply |  

Name - 野武士  

Title - 

初めまして。迷いましたがコメントさせていただきます。人参ですが、肩の形を見るとまだ大きくなりそうですね。私の自然農2年目の畑の人参も形が不揃いで、笑わせてもらいました。この畝は7月蒔きで、乾燥ぎみでした。この間八月蒔き(同じ種)の畝の人参を抜いてみたところ出来が違うのです。すらっとして肌が美しく調理しても色が変わらない。なにが違うのか考えて出た答えが株間と水でした。7月蒔きはほぼ毎日水遣りをしていましたが、畑には潅水施設がなくたっぷりとはいきません。すぐ乾いてしまいました。灌水していなかったわけです。水遣りによって水が滲みているところに根が留まり、株間が広いため横に大きくなる。セリは競り合うからセリ。人参の生理によって然るべき形に。八月蒔きはこれがうまく当てはまったのでしょう。7月蒔きはジャガイモの後作で耕起してい、8月蒔きは不耕起にもかかわらずです。販売するために形が、ということですが、やはり重い課題です。不耕起
無肥料では慣行農法にはない苦労が植物に掛かります。真っ当に育つ為の手助けをしてあげることが鍵のような気がします。自然農6年目の畑でやっとほうれん草が出来てきました。長いコメントになりましたが、私も5寸人参が2寸だったりして同じ思いをしたので。販売も始めます。悩みは同じところがあると思い、僭越ながら一言。因みに名古屋在住です。
2006.11.28 Tue 11:31
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎野武士さん

初めまして。
コメント頂きありがとうございます。
貴重なご意見ありがとうございます。
かなり参考になりました。
また、色々とご意見をお聞かせください!
2006.11.28 Tue 22:25
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。