FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

興味津々 

今日は他の地域にもれず、名古屋も雨が降っています。
これで一雨一雨が降って、春に近づいていくのでしょう。

畑には僕の一番好きな雑草「オオイヌフグリ」が咲いて、赤い芽キャベツと綺麗なコントラストを彩っています。
オオイヌフグリ




先日、畑が増えたと書きましたが、毎日行ってお手入れ中です。
ビフォー
第4畑07/2/8

    
アフター
第4畑07/2/12
農業機械が無い僕に代わって、地域の農業委員さんが「モアー」と言う大型草刈機で、一気にセイダカアワダチ草などの雑草を刈り倒してくれました。


やっぱり機械は早いですね~。

この後、これまた先輩農家さんにトラクターで耕してもらう予定をしています。
さすがに2反(600坪)の畑を鍬一本で耕すパワーは、僕にはありません。


その他には道作り。
竹薮の道
この竹薮の奥(約15m)に水源があるらしいのですが、10年も放置している間に、竹がみっちり!

このため水源確保のために、毎日竹薮を開墾中です。



そんでもって「ハァ~ 疲れた~」と思って休憩をしていると、誰か彼か寄って来ては「あんた ココの畑をやりゃ~すのか?」と名古屋弁で話しかけてくる。

僕 「はい 耕作人と言います、これから宜しくお願いします」

地元の人「何を作りゃ~すの?」

僕 「他品目で色々作ります」

地元の人「ほ~したら、直売所に出荷しや~すのか?」

僕 「いえいえ、レストランさんとか個人さんに出荷します」

地元の人 「ほ~、そりゃぁ てゃぁしたもんだ、頑張ってちょ~よ」



と、大体こんな感じのやり取りをしてくる。

中には堆肥をガッポリ入れろだの、無農薬で野菜が作れるわけが無いなどなど、悲観的なことを言ってくる農家さんもいるが、まぁ~30歳代の都会出身の若いモンが野菜なんかまともに作れるのか?

はたまた、農業を志す者が増えて嬉しいのか、取り合えず興味津々ということなのでしょう。


周りの反応を見るのも、また可笑し。。。

スポンサーサイト



Comment

Add your comment