「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然農的な種蒔きとは? 

一週間ぶりの更新。

最近はかなりお疲れ気味で、仕事&畑から帰ってくると、もう何もする気がしない。

おまけにブログを更新しようと思っても、端境期で畑に野菜が少ないので話のネタが無い始末。

え~っと、でもぼちぼちとやってますよ。



暖冬のおかげで冬野菜の終わりが早いので、焦って早く種を蒔きたいところですが、ぼちぼち夏野菜の種を蒔き始めたりしています、が!?

ここでちょっと疑問をっ!!

今蒔いているのはトマトとナスですが、自然状況下でのこの野菜の発芽時期は名古屋近郊では4月下旬になってから。

ナス科の発芽適温は20度以上だからこの時期なんですけどね。

だからこの2月に保温をして人間の都合で無理やり発芽させて、4月のまだ肌寒い中、露地に苗を定植させるのは自然農法としてはどうなのだろうかー? と最近良く思う。

少し野菜達に可哀想なことをしているようで、申し訳なく思っています。

では何故2月のこの寒い時期に保温をしてまで種を蒔くのか?
それは全く人間の都合。

例えば夏のクソ暑い時期は実付きが悪いので、その前に着果させて早く収穫したい、とか。。。


などなど色々と理由はありますが、とにかく自然状況下とは全く違う時期に無理やり発芽させるわけです。

ですから自然条件化で本格的に収穫が出来始めるのは8月の下旬位からで、味のノリもこの時期から9月いっぱい位が、最も良くなってくると記憶しています。

記憶していますと書いたのは、今までで自然状況下の発芽で食べたのは数年前に一度だけですから~ ハハハ。


で、今年は現在蒔いている物とは別に、自然の発芽適温期での蒔種もして見ようと思っています。

今後はどれだけ自然に近づけるか!?
自然農的技術面向上の、今後の大きなテーマの一つです。




そうそう技術面といえば、自然農的なジャガイモの植え付けを紹介。

一般的によくやられているジャガイモの植えつけ方と言えば、種芋をカッとして、灰をつけてから乾かして、そして切り口を下にして定植をするって物だと思います。

僕がやっている自然農的には、その灰をつけると言う工程を省いて、切り口を立てて種芋を植え付けます。
ジャガイモ07/2/20(植え付け)

これは僕がモデルにしている赤目塾の川口氏のやり方ですが、氏の場合植え付け後に草をかぶせるようです。
でも名古屋は赤目より暖かい地域なので、種芋を湿気によって腐食させないために、草を被せるのは止めにしました。

ちなみにジャガイモの植え付け時期は、自然条件化ではあり得ないですよね?
そもそも収穫しない限り、ず~っと土の中にあるんだから(笑)

スポンサーサイト

Comment

Name - 野武士  

Title - 

市販のトマト苗は五月のゴールデンウイークに合わせて販売されていますが、その場合第一果が色ずいて来る頃雨にあたってしまいます。水っぽいし、病気になりやすい。でも時期をずらすと良い苗は無いと、言うか売ってない。誰の都合なのか。

種が手元にあると蒔きたくなりますが、堪えてます。激しくなりそうな雨季をはずしたいので。

新しい畑頑張って下さい。
2007.02.23 Fri 08:56
Edit | Reply |  

Name - awaji_aic  

Title - 

ほー、切り口のままですか。
腐れが発生しなければ良いのですが・・。
種芋は半分地上に出したままですか?

 耕作人さんに反論するようですが
私の経験では、こちらへ移住する前の1999年に
切り口に灰を付けずに植付けした畝と
(これは他の人が植えたもので深さとか他の条件は知りません)
一週間後に私が切り口に灰をつけて植えつけたの畝とでは
はっきりと発芽率が違ってました。
土をかけすぎて発芽できなかったのか、切り口が原因かは分かりませんが・・

耕作人さんの今後のレポートが楽しみです。
2007.02.23 Fri 10:32
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎野武士 さん
確かに野武士さんの言う時期に定植すると、特に露地だと病気が出たりドエライ事になりますよね?
でも5月蒔き位なら梅雨時期が過ぎて、7月下旬に実がなり始めると思います。
但しその頃は暑さで着果率は悪いですが。

それを過ぎると実が綺麗になり始めるし、味の乗りも良くなると思いますよ。


おニューの畑は来週辺りから本格的に手を加え始めます。
頑張りますよ!!







 ◎awaji_aic さん
いえいえ、これは写真用に見せていますが、この後もちろん土を被せました。

このやり方は本来2~3日位前に切って、切り口を乾燥させるのがベストですが、その場で切って植え付けしても特に問題ありません。

但し水捌けの悪い粘質の畑では向かないと思います。
その場合は僕も灰をつけて、乾燥させてから植え付けるか、小さい種芋を選んでカットせずに植え付けたりします。

と言うわけで、何が何でも教科書どおりにする必要は無いかと思います。
awaji_aic さんの畑には、awaji_aic さんの畑に合ったやり方をされるのが良いと思います。

僕も今回は赤目塾の指導法とは違うやり方をしていますし。


2007.02.23 Fri 23:57
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。