「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春になれば♪ 

春になれば氷こも解けて~♪

ってか、今年は雪がな―――い!!



春本番間間近です。
畑はガラ~ンとしてとっても寂しいです。

農業を体験したことが無い人から見ると、春といえば芽吹きの春、はたまた春野菜などと野菜が沢山あるようなイメージがあると思いますが、実は端境期真っ最中なんですよ (;´д` )

芽吹きの春といっても冬野菜である大根や白菜なんかがトウ立ちして花を咲かせたり、早春に蒔いた種が発芽するのであって、露地野菜では決して野菜が豊富にあるわけではありません。

そんな事言ってもスーパーに行けば沢山野菜があるじゃないか、と聞こえてきそうですが、南北に長い日本は九州辺りのハウス物から徐々に色んな野菜が出荷され始めて、1ヶ月位してようやく愛知県くらいが追いつく感じです。

ですから最近スーパーなんかで九州産のそら豆を見ますが、愛知県の露地そら豆の収穫時期は5月初旬くらいになります。


では今はどれくらいの大きさかって言うと、これくらい 
そら豆07/2/21

株の高さにして、40cm強。


5月中~下旬収穫のエンドウにいたっては
渥美えんどう07/2/21
まだまだ15cmくらい。


ちなみにそら豆は10月中旬、エンドウは11月初旬に種を蒔き、約半年以上かけて収穫にいたります。

そしてこれは春キャベツと呼ばれる物ですが
キャベツ07/2/21
こちらも10月下旬に種を蒔いて、5月頃に収穫予定。

どれも意外と時間がかかるでしょ?




こんな感じに春野菜が採れるのを心待ちにして育てています。


だからお客様方っ!!
少し野菜が少ないけど、待っててくださいね~~~~~!!
スポンサーサイト

Comment

Name - らでぃか  

Title - 

雪がないっていいですねー
こっちは一面真っ白ですよ。
そろそろ融雪剤まこっかな
2007.02.24 Sat 17:46
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎らでぃかさん
今年の名古屋はまったくと言って良いほど雪が降りませんでした。
お陰で糖度がのるべき野菜の味はイマイチでしたね。

融雪剤って成分的に土壌に害は無いものなのですか?
北国の者ではないので、とんと検討が付きません。
2007.02.25 Sun 00:04
Edit | Reply |  

Name - らでぃか  

Title - 

>融雪剤って成分的に土壌に害は無いものなのですか?
厳密に考えると害があるんでしょうねー。
僕の使っている融雪剤は肥料屋さんによるとパルプ工場で燃料を燃やした後に出来た黒い灰のようなものらしいです。何が入っているかはわかりません。
袋には自然由来だということになっていますが・・・
使い方は雪の表面にうっすら黒くなったかな位の量を撒きます。
1反あたり1袋(20kg)ぐらいでしょうか。
融雪剤を撒くか撒かないかで10日ぐらい雪解けに差が出てしまいます。北海道ではこの10日が大きいのです。
2007.02.25 Sun 17:26
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎らでぃかさん

何かで砂を撒くと早く解けると見たことがありますが、雪国じゃない僕が言う事なんで本当かどうかはわかりません。
早く雪解けして思う存分畑仕事が出来るようになると良いですね。
2007.02.26 Mon 20:14
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。