FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

GAP 

農水省がまた新たに指針を発表した。

今度はGAP。

って遅いよ!
これってヨーロッパじゃ当たり前の事になりつつあるのに。


ところでGAPって何?と思われる方。
GAP = Good Agricultural Practiceで直訳すると適正農業規範。

簡単に言えば生産工程の管理から、出荷の管理をキチンとしましょう、って事です。

生産工程で言えば、大腸菌O-157やサルモネラ菌などの病原微生物や、重金属汚染、残留農薬、カビ毒、異物混入などの管理をし、出荷においては洗浄、選果、保管、出荷、輸送などの各段階で対策を講じましょう、って事。


さてさて我が「あぐりーも」に当てはめて考えると農薬や過剰な施肥はないとして、これからの季節は大腸菌など予防のためにも出荷の際は流水で洗ったりと気をつけて行かなければいけません。

保管や輸送に関して今のところはその日に採って、その日の内にお届けできるので保管状況ウンヌンは無いですが、今後全国発送が可能になった場合には対策を考えなくてはなりませんね。

それからイモ類などは収穫後に保存もしながら出荷するものもあるので、如何に良い状態を保ってお客さんの手に渡るようにするか改善する余地はまだまだあります。

ところでこの項目で一つ疑問なのは、葉野菜などは洗うとしても、根菜類はどうするんですかね?
根菜類は土が付いたままの方が保存状態が良いと聞きますが、これも洗わなきゃイカンと言うことか?




ガラッと話題が変わるが、先日自家採種禁止のことを書きました。

その後近隣の農家さんにその話をしてみると、答えはやっぱりネって感じでした。

まぁ、分かっていたけど現在僕が畑を借りている知多地区の殆どの農家さんは自家採取なんてしていません!!
採種しているのは、一部特殊な伝統野菜を作ってるか、有機または自然栽培系の農家位ではないでしょうか?


例えば知多で多く作られている玉ねぎやキャベツ農家の殆どは種を買っています。

それは何故か!?

大規模産地で種を取ろうと思えば、それなりに株を残していなくちゃなりません。
すると次の作付けするための土壌消毒、耕転、畝立てなどの作業に影響が出て効率が悪くなりますし、何万株分もの玉ねぎやキャベツを作るための種を採ろうと思えば、かなりの時間と手間となります。

また仲の良いトマト農家さんもいて、この人は1万株以上のトマトを作っていますが、1万株のトマトを作ろうと思えば、いったいどれだけの数のトマトから種を取り出せば良いのか、ちょっと想像も付きません。

そして自家採種した野菜は、物によって発芽&収穫時にバラつきが多くなり、市場にあった優品率が悪くなります。

優品率が下がると言うことは、それだけ売り上げが減ると言うことで、
それなら金で片をつけて、安定した作物を作る方が何ぼか効率が良いです。

僕ら駆け出しの小さな兼業農家はチマチマと自家採種をして、エコだ何だと威張っていても問題はありませんが、悲しいですが農業一本で飯を食っている農家さんの現状はそんなもんです。

しかしこれは僕が将来もっと畑を広くできた時、直面する問題ではないでしょうか?

幸い僕の場合は不耕起で多品目栽培なので、次から次へと何かしらを作っていくことも出来ますが、それら全てを自家採種で賄えるかと言ったら、おそらく無理でしょう。

農業一本で食っていけるようになった時、効率と収益のバランスと、問題は山積みです
スポンサーサイト



Comment

Name - サユールイトシロ  

Title - 

種を買うことも当然あっていいわけですよね。耕作人さんのいうように規模と効率から言えばそういう選択も有だと思います。だって僕らくらいでも種の完全自給自足はなかなか難しいものね。

だからこそ僕らには選択肢が必要なんだと思います。

この法律はそうした選択肢をなくし農家を完全に種苗会社に依存/従属させる結果になるでしょう。
2007.04.21 Sat 00:32
Edit | Reply |  

Name - 田中敬三  

Title - 

この作物の種は、だれそれさんからゆずってもらって……といった、種を介しての人のつながりがなくなってしまうのが、残念です。
繰り返し採種することで、土や気候になれてくることがありますでしょう。そういう、採種権というよりは、育種権みたいなものまで、特定の企業に独占される、というのが納得いきません。育種している企業にだけが採種が許されているわけでしょう?
種苗会社が、とりあえず特許を取ったけれど、売れなくなったから作るのをやめる、とした場合、その品種は途絶えてしまうおそれがあります。
自家採種が全面禁止になった後で、種の値段が上げられるおそれがあります。独占になれば、どんな値段でもつけられるわけですから。
2007.04.21 Sat 23:18
Edit | Reply |  

Name - yuzou  

Title - 「自家採種禁止」ですって??

こんばんは。先日は、ジャガイモの二段畝のご教示ありがとうございました。お陰さまで何とか植えつけてきました。

 「自家採種禁止」、こちらではじめて知りました。驚き桃の木です!たしかに、ネットでタネ交換をやられると、種苗会社には脅威だと思いますが、伝統品種まで規制するのは、異常だと思います。

 最近の野菜種子は、途上国産のものがほとんどで、品質が悪くなってきましたね。虫食いの跡があるものも、少なかありませんし、病気付きの古タネを売る通販なんかも、確かにありとかです。福井の福○は、フルタネと呼ばれて、種苗店や農家から恐れられているとか)

 あと、何種類もの農薬で消毒したタネを買わされるってのも、なんだか怖いですよね。複合毒を吸った種から出来た野菜なんて、きみが悪いです。
 
2007.04.22 Sun 00:05
Edit | Reply |  

Name - 空  

Title - 

選択肢を限定することこそを常に危惧した方がいいと思います。これじゃなきゃいけないとか善悪二元論で裁いてしまうことが結果として全体の利益を損ないますから。お上の指針は、利害調整でしかないわけで、あくまでも自分自身がどう在りたいのかをしっかりもっていることが大事かと思われます。消費者の意識も知識も急激な勢いで高まっています。知識、情報だけならいくらでも手に入る時代ですからね。
2007.04.22 Sun 14:59
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎サユールイトシロさん
実際の現場では出来ることからしかやれないですから、種を買うことも仕方ない面なので、種苗会社があることは有りがたいことですが、制度の問題ですね、これは。。。




 ◎田中さん
売れないから止めるって言う危惧は、確かに存在する物ですね。
さてさて、伝統種と言われる物はその気候風土によって培われたものです。
ここ愛知県にも33種類の県指定の伝統野菜があります。
それがどうなるか心配しています。






 ◎yuzouさん
世の中では知らないうちにこんな事が起きていたのです。
多分おおくの議員も知らないような事柄じゃないでしょうか?
出来るだけ多くの人に知ってもらいたいのですが、普通の農家の意識はかなり希薄です(悲)





 ◎空さん
今回のことでコメントを頂いている農家の方で一番ムカついているのは、伝統種までその対象になる可能性があることだと思います。
お上の指針が利害調整なら、その件だけでも採取OKリストに入れて欲しいものです。

2007.04.22 Sun 17:01
Edit | Reply |  

Add your comment