「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥料効き過ぎ 

今までカテゴリー欄が4つしかなかったので、今更ながらですが『自然農』と『野菜販売のお知らせ』を増やしました。



増やしての栄えある1回目は【自然農園あぐりーも】に相応しく(?)肥料について書いてみます。

自然農===化学肥料はもちろん、有機肥料や家畜糞堆肥も使いません。

唯一使うとしたら植物質の材料のみで作った堆肥か、畑で刈って放置した雑草がそのまま枯れて、いつの間にやら堆肥状態という物。
(あぐりーもでは、殆どが後者)

そして刈った草の根がいつの間にか枯れて、腐植を形成していくのを待つのみ。


そうして作られた野菜の葉っぱを見ると、濃い緑色ではなく、淡い緑色をしています。



対して化学肥料や有機肥料・家畜糞堆肥を使った野菜の葉っぱはと言うと、濃い緑色をしています。


濃い緑色・・・良い野菜を選ぶときの代名詞にもなっていますね。

「濃い緑色で瑞々しく新鮮なもの!」とかね。

無肥料栽培や自然農実践者から見ると、瑞々しく新鮮なものは良いですが、濃い緑色は要注意!!

自然の草木を見てみましょう。

極端に緑色の葉っぱってありますか?

まぁ、植物によっては濃い色をした物もありますが、たいてい淡い緑色じゃないでしょうか?

そう、それが植物本来の色なんです。



ではどうして肥料を入れると濃い色になるのでしょうか?

肥料の中には窒素分が多く含まれているのですが、植物は窒素を多く吸収することにより濃い緑色になって行きます。

別にそれだけなら自然農なんかする意味は無いのですが、実は窒素分を多く吸収した濃い緑色の葉っぱには【硝酸態窒素】と言うものが多く含まれています。

硝酸そのものは無害ですが動物体内に取り込まれると還元作用によって有害な亜硝酸へと変化します。
亜硝酸態窒素は血液中のヘモグロビンと結合し、血液は正常な酸素運搬機能を失い(メトヘモグロビンの生成)、極度の酸欠状態と呼吸作用の阻害へと導く事になります。アメリカで新生児の突然死の原因として問題化したブルーベービー症候群(チアノーゼ現象)はこれにあたります。

また、亜硝酸は体内のアミンと結合し、発癌物質であるニトロソアミンを生成します。


と、まぁ小難しいことを書き連ねましたが、要は濃い緑色の葉っぱの野菜を買うと、体に良くないですよ!って事です。

それに化学肥料や有機肥料を使った野菜には、嫌なエグ味を感じます。
自然農の野菜を多く食べている人には、特に感じられます。


対して自然農の野菜は、大地とお日様の力を借りてゆっくり育ち、優しい素直な味に育ってくれます。


美味しい野菜を食べて、健康的な生活にも役立つなら一石二鳥ですね!
スポンサーサイト

Comment

Name - リー  

Title - 

耕作人さん、おはようございます♪
実は昨日、お邪魔していたんですが、読み逃げしちゃって
ました。すみません…相変わらず、長時間PC見れなくて…
(^-^;)

緑の濃いお野菜の方が、栄養満点なように見えるんですが
そうではないんですね。見た目に惑わされてはいけませんね☆

TAKUちゃんのこと、ららかんさんのブログでも
知ったのですが、お辛いですね。
美味しいコールラビを食べて、元気になって欲しいな~!
2007.06.05 Tue 05:56
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎りーさん
目の方は中々良くなりませんね。

緑が濃い野菜の方が、体には毒なんですよ、実は。
そのくせ最近の野菜はアクが少ないので、それだけパワーが無いって事です。

TAKUはとっても心配です。
出来るだけ長く一緒にいてやりたいと思っています。
2007.06.05 Tue 21:43
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。