「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

価格 

草刈りをし終わって暫くすると、妙に痛痒いことがある耕作人です。

よく見ると小さな水ぶくれが出来ているので、毛虫にやられているのかとおもいます。
たまに見るし。。。

おかげで手の甲に無数にちいさな傷跡が残っています。



野菜を全国的に販売しだして、はや1ヶ月。
リピーターの方もいらっしゃったりして、ちょいと嬉しくなっています。

でも今はちょうど春 → 夏の小端境期を迎えだして、ちょっと野菜が少なめになって来ていますが、既存のレストランさん、ご家庭、新たなネットでの宅配も、厳しいながらも何とか出荷しています。


その出荷ですが、毎回頭を悩ますのは野菜の価格。

よく見るような野菜なら相場って物があるので、ある程度基準を作れるのですが、イタリア野菜や珍しい野菜なんか、基準になる単価が無いのでかなり悩みます。


じゃあ、単純に採算ベースでいけば、はっきり言って今の3倍の金額をいただかないと駄目です。

でも食料費にそんなにお金をかける人は、まず居ませんし。



僕より大きな規模のとある農家さんがいます。

その方の野菜のページはよく出来ていて、値段なども参考にさせてもらっていました。

ガッ!!  最近、高すぎる!!


例えばちょっと前の季節なら、そら豆が一般小売価格の2倍程度。
今なら玉ねぎやちょっと早目のトマトが、やっぱり一般小売価格の2倍程度。

まだ安い頃に数回だけ食べたことがありますが、いま僕が作っている物と大差は無いと思います。
(客観的に味わっても、僕の方が味的にも勝っている野菜も中にはあります)


その方も殆ど無肥料なんで、出来不出来が激しいのだとは思いますが、余りにも世の奥様方の財布とかけ離れた値段はどうなんでしょうね?
よくありがちな話ですが、最初に調子が良くて、それじゃもっと値段を上げても良いや! って感じなのかな?

それとも最近はセレブばっか、相手にしているのでしょうか?

その方が曰く「安全な栽培で作った野菜をもっと知ってもらいたい」だそうです。


いま、最も食べさせてあげないといけないのは、普通の家庭の子供たちではないでしょうか?

キチンとした食生活をしないで、安易な食材からなる安易な食べ物を食べている、イヤ、そうならざるを得ない子供たち。
(スーパーに買い物に来た、惜しげもなく冷凍食品を買いあさるお母さん)

一般の小売店でも有機野菜とかは売っています。
でも、やっぱりべら棒に高いです。

金持ちは良い物を食べて、一般庶民は農薬まみれの野菜を食えというのか!?



我が『あぐりーも』は庶民の味方でありたいと思っている。

僕も庶民だから。。。
(ただ、希少価値やクオリティーの高い野菜には、それなりの価格でお買い上げいただいています)


スポンサーサイト

Comment

Name - たつま  

Title - 

「採れる数が少ない」

「滅多に見かけない」

そんな野菜を作ってると、確かに価格に迷います。
耕作人さんの言うように、金持ちしか食べれないような野菜はおかしい。
かと言って、あまりにお手頃価格だと自分の人件費が出ない(もちろん利益も・・・)
非常に難しいです。

僕も同様に、希少価値のある野菜や栽培が難しいとか、長くかかる、または「こりゃ美味い!」という野菜は価格は高くなります。
と言うより、ならざるをえません。。。
(無農薬無肥料の胡麻とかね 汗)
2007.06.12 Tue 11:08
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎たつまさん
ゴマの選別機械、買いなよ~。
めちゃくちゃ面倒くさそうじゃないですか(笑)

他と比べても、たぶん僕の売価は安い方だと思います。
でも味の面で素晴らしい出来の時は、しっかりいただきます。

「採れる数が少ない」
 これは種代が高い場合はONしますが、ただ単に失敗で採れなかった場合は、自己責任で普通の値段です。

ま、あくまで僕の場合は、ですけどね。
2007.06.12 Tue 21:23
Edit | Reply |  

Name - サユールイトシロ  

Title - 

値付けは確かに悩む問題です。

これが正解という答えはなかなか見つかりません。

僕の思うところは、まず今の野菜の値段(市場価格)は農家が生活するには基本的に安すぎる。特に旬と呼ばれる、野菜の一番おいしく栄養価も高い時期になるとべらぼーに安くなるので、この動きにはあわせられない。

もう一つは割り切り過ぎた言い方なので誤解を招きそうですが、限度はあるにせよ本当に中身のことを考えて買い物をする人は多少高くても買って頂けます。逆に中身にあまり関心がない人に限って、買う気もないのに高いのなんのという事が多いです。

これはお金持ちとか関係なく、食の安全のためや良いものが欲しいという人は納得していただければ金額に関しては理解してくれる方が多いです。

スーパーに来て安い冷凍食品や出来合いの惣菜や野菜でもとにかく安いものを買って行くお母さんとは、多くはお金がないからばかりではなくて、そういう意識がない(もしくは薄い)のだと思います。この問題は価格の件とは別問題になってしまいます。

もちろんリーズナブルな価格は必要ですが、同時に継続できる価格はそれ以上に必要と考えます。


これが私の実感です。
2007.06.13 Wed 23:33
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎サユールイトシロさん
色々考えるというか、如何にして双方とも納得できるかを考えると難しいです。

自然農に限らず、無肥料栽培においての単純コストは慣行農法に比べると安いと思うんです。
(特に自然農の場合、トラクターなんて大型機械も要りませんし)

その分収量が少なくなるかもしれないなどのリスクはあると思うんですが。

その辺りの手間=コスト=収量などの兼ね合いは、結局自分でしか分からない物ですから。

お客さんには今のところ、たぶん納得の金額でお買い上げ頂いていると思います。
わざわざ安売りしているつもりもありませんし。

ただ今は有機系の農産物はプレミアが付いていますが、それが普通の事となった時は、その時の相場になっていくと思っています。

それは消費者には良いことですが、生産者はどう思っているのでしょうか?

もしこれを望まない生産者がいたら、それは国民の健全な食生活を考えない、ただの金儲け主義者に成り下がってしまうでしょう。

僕はそうはなりたくありません。

有機・無肥料・自然農の野菜が当たり前のように出揃い、それに見合った価格が付き、それを誰もが普通に買ってくれることが一番望ましい事だと思っています。
2007.06.14 Thu 17:36
Edit | Reply |  

Name - リー  

Title - 

耕作人さん、こんばんは♪
主婦目線でみると、やっぱり安いものに惹かれてしまいます…
耕作人さんのお野菜の美味しさを知ったからこそ、
最近なるべく安全な、有機野菜を買うようには
してるんですが、家計が厳しいと、
やっぱり安い野菜に手を出してしまうんです。
情けないんですが…(泣)
耕作人さんの考え方、本当に素晴らしいですよ~!
いつも、ありがとうございます☆
2007.06.14 Thu 20:00
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎りーさん
全部が全部、有機などの野菜を買うのは無理ですからね。
我が家でも急遽足りないものは、その辺で買いますし。
でも、りーさんの様に少しずつでも良いから気を付けていくことが大切ですから、いまのペースを少しずつ増やしていってくださいね!

でも魚肉ソーセージはヤバイっすよ!(笑)
2007.06.14 Thu 22:08
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。