FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

おやすみ、TAKU① 

コンビニに行くと小さなレジ袋をくれるので、それをTAKUのウ○チ袋として集めていました。
今日も畑に水遣りをやった帰り、気分を変えたかったので缶コーヒーを買って、いつもの癖でポケットにレジ袋をしまおうと思い、ハタと気付いたのです。

「もうウ○チ袋を集めなくてもいいんだ。。。」

昨日8月13日午後8時15分頃、TAKUが永い永いお休みをすることになりました。

享年10歳と9ヶ月。
人間に例えると80歳を超える高齢ですが、僕らからすると余りにも早く、そして突然の出来事でした。


2~3日前から急激に体調が悪くなり、昨日の午前中には吐血もしたと ららかん から連絡がありました。(僕はその時畑以外の仕事中)

今まで通っていた町の獣医レベルではもうイカンと思っていたのですが、一昨日同じ愛知県内でCTやレベルの高い設備があり、専門の腫瘍科もある病院を見つけたので、仕事が終わって夕方にはその病院に連れて行きました。


TAKUはもうグッタリです。
でも病院に着いて車から出るなり、頑張って歩いておしっこをしました。

そして血液とデジタルレントゲンで検査をしてもらうと、元々の口内の癌以外にも肺やリンパにも転移しているかもと言われ、先日も町医者での血液検査で数値が低かったのですが、さらに低く、直に輸血をしないと危険だと言われ、お願いしました。

その後、僕は育苗中の苗に水をあげに一時TAKUの傍を離れ、大急ぎで戻ってきました。
08/8/13TAKU院内輸血前
(輸血を待っているTAKU)

この写真が生きているTAKUの、最後の写真となってしまいました。

その日の輸血は元々心臓も悪いTAKUの為に、一晩かけてゆっくり行う計画でした。
おしっこが溜まっているので、少しでも楽にさせてあげてから輸血をしようとTAKUを持ち上げても、足に力が入りません。

で、僕が少し姿を消したら心配になって、本当に健気にヨタヨタと歩いて院内でおしっこを。

あ~あ、と思っていたその直後、崩れ落ち、急に吐き気を催し、次に呼吸困難になり、目は焦点が定まらず、舌が急激に紫色でダラ~ンと垂れてしまいました。

新しい病院の先生は、様子がおかしいと直に処置室に連れて行き、気道を確保し、人工呼吸器をつけ、輸血も開始しました。

でも心電図(?)の数値は下がる一方。
しかし 「TAKU! TAKU!」 と呼びかけると数値が少しだけ上がります。
最近は耳も余り聞こえていなかったのに。

その後も15分ほど頑張っていましたが、数値は下がり続け、心臓マッサージ、電気ショックを。

先生が聴診器を貸してくれて心音を聞きました。
何もしないです。

心電図の数値はまだあるのですが、これは心臓の微弱な電気を感じ取っているだけ。


「先生、有難うございました。 もう十分です。」

もう、これ以上TAKUの体に負担をかけるのが可哀想過ぎました。

享年10歳と9ヶ月。
8月13日午後8時15分頃、TAKUが永い永いお休みをすることになりました。

長い時間苦しまず、僅か5~10分ほどの苦しみで安らかになりました。


僕の携帯で撮ったTAKUの最後のアップです。
07/8/13TAKU最後の車場内
目に力はありませんが、この時はまだ命がTAKUと共にありました。


今日は荼毘にふせて天国にお見送りしてきました。

まだまだ書きたいことは沢山ありますが、今日はここいらが限界です。



※ TAKUの動いている最後の映像が ららかん のブログ
  載っています。
  どうぞ見てあげて下さい。



スポンサーサイト



Comment

Name - 野武士  

Title - 

14歳のシーズーは心臓病でした。酸素ボンベを持ち込んで吸わせていましたが、それが出来るのは何故か私だけでした。信頼してくれていたのか・・。その事を思い出しました。

今でも悲しくなります。

今夏、ロマネスコ等苗をねずみに食べられました。根こそぎ。これも悲しい。がんばったのに。
2007.08.14 Tue 23:36
Edit | Reply |  

Name - 田舎人  

Title - 

良くなる事を信じていましたが残念でなりません。
涙が止まりません。
TAKU君のご冥福をお祈り致します。
2007.08.15 Wed 00:15
Edit | Reply |  

Name - プーママ  

Title - 

TAKUくんのご冥福を心よりお祈りします。
昨日コメントしようと思ったのですが、動画の一生懸命水を飲むTAKUくんを見て、泣いてしまってできませんでした。
会ったことがない私でさえそうなんですから、お二人は大事なTAKUくんのこと、アップするのもさぞつらいだろうと思います。
TAKUくんはお二人に見守られながら眠りにつくことができて(きっと耕作人さんが来るのを待っていて)、さびしくはなかったと思います。
2007.08.15 Wed 07:31
Edit | Reply |  

Name - たつま  

Title - 

家族同然の死は受け入れようにも、受け入れ難いです。
僕も飼っていた犬を交通事故で亡くした事があります。
色んな後悔が湧いてきて、自分を責めた記憶があります。
TAKUは精一杯生きたと思います。
町の獣医の判断に?もありますが・・・

でも、必要以上に苦しまずに逝ったのは救いです。
耕作人さんが帰ってくるまで、待っていたのはTAKUも帰ってくるのが分かっていたんじゃないのかな。
TAKUが最後のお別れをしたいから、頑張ったんだと思います。

今は天国で元気に走り回っていることでしょう。
TAKUにとって、幸せな最期だったと思います。

ゆっくりお休み・・・
2007.08.15 Wed 09:28
Edit | Reply |  

Name - ぶーこ  

Title - 

TAKUちゃんの様子がとても気になっていたのですが、、、
あまりに急な展開にとても驚きました。悲しいです・・・。

どんなに手を尽くしてあげてもいろいろ後悔してしまったり、
受け入れるにはあまりに辛く苦しい家族の死です。

でも、耕作人さんとららかんさんにこんなにも愛されて、
大好きな二人に最期を看取られて、世界一幸せなわんちゃんだったと思います。
「もう十分だよ。もうこれ以上心配しなくていいよ。たくさんたくさん幸せだったよ。」そんなTAKUちゃんの声が聞こえてきそうです。

TAKUちゃん、お疲れ様でした。
よく頑張ったね。えらかったね。ゆっくりおやすみ・・・
耕作人さんもららかんさんも、精神的、体力的にとてもお疲れでしょう。
どうか休める時にはゆっくり休んでくださいね。

2007.08.15 Wed 11:09
Edit | Reply |  

Add your comment