「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い天気ですが 

畑からの青空
綺麗な青空です。

昨日、約3週間ぶりに20mm程度の少しまとまった夕立が降ってくれました。
去年などは27日間も雨が降らなかったので、それから考えれば畑の作物には少ないとは言え、まさに恵みの雨だったことでしょうが、もっと降って欲しかった。


自然農でやっている僕は基本的に潅水をしていません。
と言うか灌漑設備がない畑もありますし。

自然農だとどうしてお水をあげないのかと言うと、雑草を生やして、水分の蒸発を防いでいるため。
それでも2週間以上雨が降らないのは、かなり辛いです。

温暖化が騒がれる前、僕がハナタレ小僧だった頃は、もっと頻繁に夕立が降っていたような記憶があるのですが、記憶違いでしょうか?


お水を上げるのはポットで育苗している苗のみで、その苗が置いてある畑にはポンプアップはされていないものの、一応灌漑設備があります。

しか~し!ここ数日、水が出ません。

元栓でも閉じられたのかと思っていたのですが、どうやら僕の畑より低い所にある田んぼに水をあげているため、水が来ないらしい。


どうしてかって言うと一番上に愛知用水からの溜め池があり、その下に僕の畑、さらにその下に田んぼがあるわけです。

自然圧の灌漑設備なので、一番下の田んぼでガンガン水を使われると、引力の力上、田んぼに行く力が一番強いわけで、中間にある僕の畑の灌漑設備をスルーしてそっちに流れていってしまうようです。

おかげで僕は車で2分ほど離れた、昔借りていた家庭菜園者用の畑に水を汲みに行って、それを撒いている始末。


これじゃあ。いくら時間があっても足りないよう・・・・・(泣)



追い討ちをかけて、まとまった雨が降らないので、極早生たまねぎ、白菜とキャベツ、ニンジンなど、直に種まきしようと思っていた作物の種も蒔けないときた。


今年の秋は何から何まで一気に作業をしないと、遅れに遅れていきそうな感じ。
日中はまだまだ日差しがキツイので、3時頃にならないと力仕事はできないし。

いつも見ているweathernewsによると、雨が降るのは23日。

この日にせめてニンジンの種だけでも蒔けるといいのですが。。。
今週はいつもの金曜日の配達を、ずらして貰おうかな~?



そんな日照り続きの愛知県ですが、夕方に畑を歩いている赤とんぼが飛んでいたりして。

季節は確実に秋になってきています。

う~~ん、焦ってしまう!!
スポンサーサイト

Comment

Name - 野武士  

Title - 

長楽寺には家の子達が眠っています。「に」の棚には猫が。18年生きました。命日には家族でお参りにいきます。

雨降ったんですね。うらやましい。人参のための其の一。焼け土に水。夕立はほんと少なくなったと思います。
2007.08.20 Mon 23:58
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎野武士さん
そちらは降らなかったのですか?
この2年間は本当に夕立が少ないです。

23日は雨マークがありますね?
それに合わせようと、作業ピッチを上げているので四苦八苦しています。
2007.08.21 Tue 13:31
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。