「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仏蘭西ごはん 

先週の金曜日に、久々の外食。
しかもオゴリ♪


TAKUがいなくなって以来元気がない ららかん を心配して、彼女のご両親が何度か家に遊びに来いと言われていたのですが、まだそんな気分になれない様子でした。

そこでご両親、今度は外に食べに行こうと誘い出し、美味しいご飯に釣られてようやく外に出る気になり、久々にフランス料理をご相伴に与りました。


今回行ったのは名古屋市天白区にある『シェフ植田』さん。
まずは【冷たいオードブル】
植田オードブル(冷製)
手前から左回りに
和牛のタタキ・生ハムメロン・ホタテのカルパッチョ
和牛のタタキはミョウガにごま油のドレッシングがかかっています。
ホタテはコンカッセにした夏野菜に梅肉風味のドレッシング。

前菜はフランス料理とは言いがたいですが、料理としては美味しいー!


【温かいオードブル】
植田オードブル(温製)
鱸のタルト トマトフォンデューとオランデーズソース
どことなく酸味があるオランデーズソースに、カリッと焼きあがったタルト生地。
鱸も優しい味付けで○


【スープ】
植田桃のビッソワーズ

桃のヴィッソワーズ。
冷たいスープはここのスペシャリテなのかな?
他の方のブログにも、違うスープが載っていました。


【ポワソン】
植田ポワソン
イサキのロースト 二色のソース
一つはポロねぎのソースとブールブランソース。


【ヴィアンデ】(お肉の発音ってこれで正解?)
シェフ植田さんではメインのお肉料理は、何種類からか選ぶ事が出来ます。
皆が選んだのがこちら。
植田メイン(シャトブリ)

植田メイン(イベリコ)

植田メイン(ラム)

植田メイン(チークミート)
上からシャトーブリアン(フィレ肉の最上部位)のグレヴィーソース。
イベリコ豚のグリーンペッパーソース。
アニョー(子羊)のマスタードソース。
和牛のホホ肉の赤ワイン煮込み。

ちなみに僕はホホ肉赤ワイン煮込みをいただきました。
味ももちろん美味しかったけど、ソースのツヤがすごく印象に残ってます。
モアルーも感じられて、ちゃんと作っている証拠ですね!


【デセール】
植田デセール
上からスイカとココナッツのムース
ティラミス
アイスクリームは・・・忘れました。(1週間も前のことなんで、申し訳ない!)

どのお料理もそうだったんですけど、少し塩分が控えめな味付けでした。
シェフとお話したところ、お客さんの年齢層が少し高めなので、優しい味付けにしているそうです。

ご夫婦お二人でやっているこじんまりとしたお店で、以前は席数がかなりあるお店を経営されていたらしいですが、もっと目の届く持て成しをしたくて、こじんまりとしたお店に変わったらしいです。

ドレッセはシンプルなんですが、一つ一つ上品に作られています。

また食べたいな~。


しかし、今回ピンボケ写真が多いっすネ~。
(photo by ららかん)


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。