FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

東京から 

いやいや~、世の中って情熱的な方っているんですね!!

今日は我が【自然農園あぐりーも】のたった3反の小さな畑に、東京のイタリアンレストランのシェフがわざわざ見学に来てくださりました。

ちょっと前のブログに「もしかしたら県外の飲食店さんと取引が始まるかも?」と書いたのを覚えている人いるかな?
(ま、殆どいないと思うが。。。)

そうです。
この方がそのお店のシェフ。
シェフ芋掘り
幼稚園以来の芋掘りを楽しんでいるこの方は、東京の神楽坂にある『リストランテ・ラストリカート』のオーナー蓮見シェフさんです。


ラストリカートさんでは野菜のグレードアップを計る為と、僕たち自然農(自然栽培)の農家をもっと活気付けようと日々勉強されているようで、熱い情熱には頭がさがります。


実は耕作人、飲食店さんに関しては地産地消の観点から、他の地域に出荷するのは見合わせていたのです。

以前にも東京から問い合わせがあった事があるのですが、その時はやれサンプルを送れだの何だのと最初から言ってきていたので、自然農の野菜の本質をしっかりと分かっているのかな? と、あまり本気度を感じられず見合わせていました。

でも今回は自ら来園されて生産者の顔を見て、畑を見て、野菜を見てと、そこまでやられたとあっては、地産地消の観点からなどと言っていてはいられません!!
名古屋っ子の心意気を見せねば  ε=ε=ε= (;>o<)

こう言った姿勢の飲食店さんなら、こちらからお願いしたいくらいです。


ところで東京のレストランを取り巻く環境も聞きましたが、やはり名古屋に比べるとお客さんの層も熱いですね~。

お客さん自体の食材の拘りが半端じゃないです。
「この野菜はどんな栽培方法なの?」なんて聞いてくるのは当たり前になりつつあるそうです。

名古屋のお客さんはシャイなのか、まだまだそこまで徹底的に聞いてくる方は小数のようです。

でも、今後名古屋でもこうした環境になってくると思いますよ。
先日も先見性のある、とあるリストランテのシェフとそんな会話をしたばかりです。


それから僕の畑。
いままで蓮見シェフが見学されてきた無肥料栽培の農家さんとは、かなり違う状態を面白がってくれました。

先日も書きましたが自然農法(自然栽培や無肥料栽培)の畑とは言っても千差万別。
今まで見学に行かれた農家さんの畑は除草作業がキッチリしているのに対して、僕の畑は草ボウボウ。

草ボウボウの畑にも意味があるのは、また詳しく書きますが、そんな畑も面白いモンですよ。
ロマネスコ07/10/8(畝)


何はともあれ、今後【あぐりーも】の野菜が東京のリストランテにも旅立つ事になりました。
大切な娘を送り出すような気分です。

「お~い、ラストリカートさんでしっかりと綺麗にドレッセ(盛り付け)されて、お客さんに喜んで貰うんだぞ―――――
スポンサーサイト



Comment

Name - たつま  

Title - 

やった!
東京進出じゃないですか!!
おめでとうございます♪

いいことですね(^^)
うちにはそんな余裕はありませ~ん(汗)

頑張ってください!!
2007.10.16 Tue 13:40
Edit | Reply |  

Add your comment